FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

保護者は都立中高一貫校に実は何を期待しているのか?
話題の矛先を都立中高一貫校の今春実績を変えたところで、

PVのペースがかなり低調になってきました。

偏差値ネタばかりがウケるのは、それはそれで心配な傾向なのですが、

真夏に向かって、受験生&保護者もバテ気味なのかもしれません。

でも、紅葉が進む頃にようやくホンキになっても間に合わないものは

間に合いません。

特に「公立」にターゲットを定めてしまうと、ノウハウがいまだに十分ではないだけに…

ペースを落とさずに前進し続けるしかないのが、受験です。

特に公立中高一貫を目指す保護者の方々は現実を目の前に、

いくぶん不安が増大している時期かもしれません。

1都3県の公立中高一貫のなかでも、特に都立については、

今後、学校ごとの色が明確になるだろうと、2年前にキタシロは受験案内本の中で

予言しています。ただ、都立間の学校格差は都教委にしてみれば、

好ましくありません。

都立各校はライバル関係でもあり、同志でもあるからです。

私立の場合、中高一貫ではない非一貫校は、ほぼすべての学校で、

「高い進学実績」を断念しています。「高い進学実績」を意識するからには、

中高6年間の一貫教育が不可欠である、ことをよく知っているからです。

しかし、中学を開設すればトップ進学校の仲間入りができるかと

いえば、甘くありませんけどね。

ところが、都立のトップ校、日比谷、西をはじめとする学校は、

興味深いことに都立中高一貫校の実績をまったく意識しているフシはありません。

というよりも都立一貫が卒業生を出したあとも、進路実績はほぼ変わらないのです。

これはその序列も含めてだと言えます。

ということは進学指導重点校を都立一貫校が追う構図は不変のまま、

なわけですね。

でもこのままで追いつくことはないでしょう。

なおかつ数値目標が存在する。維持目標なのかもしれませんが存在します。

東大合格10名を20名にし、それを40名にするというような倍々ゲームは、

ナンセンスであるにしても、飽和しつつある数値目標を掲げ続けるとしたなら、

上位グループを追い越せない次位校は何を目指せばよいのでしょうか。

さすがに都立ですから、学校ごとの色もあまり明確になりすぎると、

均すバイアスが働きます。

牽引する学校と足を引っ張る学校が明確になることは避けねばなりません。

というわけで本ブログの数値化しているところの100というラインが一応の

合格ラインということになるようです。

1都3県の私立でこのラインを突破しているのは75校ですから、

以前ブログに載せたこの図解が分布としては正しいということになります。

上位100校全体イメージ

↑薄いパープルのラインがまさにTOP75のラインですね。

都立一貫の中で最下位よりも後ろにいる私立の価値が危ういという見かたはあるにしても、

たぶんこの100のラインを越えた都立11校の集団は、このままつかず離れず、

推移していくはずです。

とすれば、否定的な見かたになってしまいますが、やはり

「この学費でこの教育内容が受けられるのであれば、チャレンジしてみたい」という

CPを意識したスタンスの受験(受検)生活になるのもいたしかたのないところです。

ただ問題はcost performanceのコストは明確でも、performanceが不明瞭なことです。

学年トップクラスで東大合格者が5~6人いる学校…という程度の尺度では、

入学できたらかなりお得…ぐらいの感覚なのではないでしょうか。

私立第一志望の受験生でも「なぜ中学受験をするのか」が明確でないわけで、

公立中高一貫志望のご家庭が、このブログで書かれている内容に

正面から向き合うのはかなりの恐怖心を伴うのかもしれない、と

PV低下を目の当たりにして、こう思うわけです。

単に記事内容がややこしくて理解不能なだけ…かもしれませんが。

まあ、半年後には結果が出て、次の世代の受験生がチャレンジする順番になるという

時の流れがあるだけなのかもしれません。


独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する