FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

偏差値幻想から抜け出せず、学校選択を誤るの巻PART4
ここまで言ってしまうと、邪推もかなり度が過ぎているという意見を

いただきそうですが、偏差値は合否を占うツールであることは

間違いないとしても、これを武器にビジネスも展開されていることも

また確かだと言えるでしょう。

消費者が求めるものを提供して成立しているだけなら、さほど気になりませんが、

多くの保護者が偏差値に躍らされているとするなら、このエピソードも

紹介しなくてはいけないでしょう。

合格可能性のラインを20%50%80%と3本引く考え方は合理的だと思いますし、

一定数の受験生を集める会場テストでは偏差値は指標として機能するでしょう。

ただ数千人規模の塾生を抱える業界で4、5番手の塾が独自の偏差値を

算出してきたらどうでしょうか。その塾は3本のラインを40%60%80%と引きました。

理論上何%の位置にでもラインは引けますが、なぜこう設定したのかという理由は

ライバル他社の偏差値を利用したくないから、に過ぎません。どんなに母集団が

少なくても、塾生の全体レベルがどの程度かを客観的に把握さえすれば、

50%ラインをスライドさせ、偏差値に置き換えることは難しくないはずです。

高校受験の大手では利用者が少ないエリアでは、その地域に強いテスト業者の算出する

偏差値を参考にしたうえで、公表していました。

ですからやろうと思えば、四谷大塚、日能研、首都圏模試、SAPIXの総合偏差値を

算出することは可能なわけです。

でもこれにどんな意味があるでしょうか?

「偏差値はあくまでめやすです」

「偏差値は学校の序列ではありません」

この2つは偏差値に関する、よく見る注意書きですが、

こう書いてさえおけば、あとは自由、という裏返しのような気もしてきます。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

偏差値マジックと真の合格力 | 22:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する