FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

偏差値幻想から抜け出せず、学校選択を誤るの巻PART2
さて、中学受験の偏差値…。

高校受験とは違い内申、調査書の要素はなく、

試験イッパツ勝負です。

一部で面接を実施する私立中学もありますが、そこで合否の明暗が

分かれることはまずありません。

じゃあ、事前の会場テストの偏差値が合格可能性を反映しているかと

いえば、これも高校入試同様、気休めとは言わないまでも

何とも言えない基準なのです。

会場テストの大手、首都圏模試センター・四谷大塚では合格可能性20%、50%、80%の

3つのラインが公表されます。日能研の場合も同様に80%、50%の偏差値が公表されます。

高校入試の場合と同じく80%偏差値をクリアしていても、実際の入試で不合格になる

場合もあります。50%ライン、20%ラインでも合格する場合があります。

なぜでしょうか?

問題が違うからです。

志望校の出題傾向をふまえて対策を立てている受験生と、

単に会場テストがよくできる受験生が一致するかと言えば…。

もちろんそれだけではありません。

実力の似通った受験生が集中するタイプの学校と、受験生の学力に差があるタイプの

学校では合格者の偏差値幅が違ってきます。

少数激戦の入試がある一方で、少数で実力差のある入試もあり、

受験者数が多いのでピンキリの入試もあるわけです。

それが偏差値幅の20%ライン、50%ライン、80%ラインに反映してきます。

まあ、ここまではこれまでもブログに書いた基礎知識編です。

20%→80%の数値の差は最小で6であり、最大の学校は10を超えている場合もありましたが、

最近では6という学校は少なくなり、8、9が多くなりました。

いったい偏差値にどういう変化が起こったのでしょうか?

もう少し前段階を説明する必要がありそうです。

あと数回、両ブログで同内容展開にします。

それぞれで進度もあわせつつ、落とし込みたい方向性は、

「偏差値の過大評価、過小評価はあるのか?」という意識のギャップへ進める予定です。

過大評価の学校を「いい学校」と思い込む、

過小評価の学校を「志望する価値がさほどない」とカンチガイする。

それこそ、最初に書いた某社の営業スタッフが○流大学の担当者に序列を知りたい、

と要望された「陳腐な内容」そのものだと思ってます。

とはいえ、偏差値で10も15も過大評価ということはないと思うのですが、

最終的には数値的な解析も試みようと思ってます。

それにしても読み手の皆さんのリアクションから

「他人の不幸は蜜の味」感が漂っていますが、明日は我が身、は

忘れないでいてくださいね?


独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

偏差値マジックと真の合格力 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する