FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

実はコレ、大学合格実績に限らない、と思いますね。
やはりこれまで調べたら面白いかな、とは思いつつ、そこまでマニアックに

突っ込んでいる時間はない…というような内容がいくつかあるんですね。

大学合格実績の詳細です。

少し遠いところから話を始めますと、

遠く21世紀にちょうどなった頃、当時受験案内本の編集部に配属されて、

MARCHという呼び方を知ったわけです。最近では学習院を加えてG-MARCHと呼ぶことも

あるようですが。

当時は、それに続く難関大学群として、日東駒専というのが言われていました。

日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学。

当時の時点で違和感を感じていて、

日本大学は規模が大きく多数の合格者を出しているマンモス大学。

駒澤大学は仏教系の大学なので、女子および女子校に極端に不人気。

東洋大学はキャンパスのロケーションから埼玉や城北の学校に人気。

この4大学でくくるのはかなり偏りがあるように感じていました。

もちろんMARCHでバランスを見ても、女子および女子校は立教大が好き。

次に青山学院大。上位の進学校ほど明治大が好き。中央大は法学部のみ人気。

でも多摩方面の高校は中央大は好き。

そこから感じたのはMARCHといえども、嗜好が分かれ、その中には通いやすい

通いにくいのロケーションも含まれるんだなあ、と思ったものです。

・MARCHの中でどの大学を好む校風か

ほかには

・慶應vs早稲田のバランスが極端

とか

・理科大と中央大が少なく女子大志向の強い女子校
(リケジョと真逆傾向、法学部志向も薄いお嬢様学校?)

とか

・国公立大合格者数を首都大東京、横浜市立大、埼玉大、横浜国大で稼ぐ傾向のある学校
とか

・MARCHを明治ではなく法政で稼ぐ学校

など。

数字に関してはすっかりマニアックな部類なので、入力作業をバイトに任せる、ということは

一切なく16年間一貫して自分で打ち込んできましたから、実感としてしみついてしまって

いるんでしょう(笑)

なぜこういう偏った数字になっているんだろう…という疑問が

毎年ぐるぐる頭の中を駆け巡っていましたからね。

それで、進路データ=校風という結論に達したわけです。

これも配属当時の上司が、

MARCH→早慶上智→国公立という「進学校進化論」を唱えましたが、

その基準で行くと、パターンからはみ出す学校や、進化が止まる学校も続出。

やっぱり「仮説」って必要なんだ、と思いました。

繰り返しますが、マニアックになりすぎて、ブログで書いていいのか

不安なところもありますが、誰もここまでやらないのなら、

自分がやってみます、とそれだけです。

これを単に数字いじりと見るか、真実の探求と見るかは、

読み手におまかせしますね。

明日は、いまだに卒業生の実績を公表しない学校、そして気づいた範囲で、

「真実を隠している」印象の強い学校を紹介しましょう。

隠しておけば受験生に伝わらないと思っている時点で、

そういう学校だということです。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する