FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

やはり16年大学入試は多くの進学校で厳しい結果だったようです。
ひとまず、神奈川以降、千葉・埼玉まで

昨年のTOP100校の難関大学合格状況の概略を確認し終えました。

学校は結果に一喜一憂してもしかたないと書きましたが、

じゃあ、結果に無頓着でいいのか、というともちろんそうではありません。

ことしの結果をふまえてどうしたいのか?

無策な学校も多いように思いますね。

特に各校とも昨年に比べ上下動が大きい理由が、いまのところ思い当たりません。

学年によってばらつきが大きい→きわめて生徒まかせの大学選び

安定して上昇している→学校側が進路実績をプロデュースしている

という決めつけも安易でしょうから、なんとも言えません。

まあ、それでも時代は変わったもので、各校が自サイトで合格状況を公表するように

なりました。

6月11日時点で、TOP100にランクインしている学校の9割で、最新の数字が入手できています。

裏返すと、1割はいまだに公表していないわけです。

これまでは学校へアンケートを依頼してその回答を読み取っていたので、

学校サイトから直接読み込むのは初めての経験ですが…

サイトに進路実績のコーナーが見当たらない学校がありました。

探し方が悪いのかとも思いましたが、他校はそういうことがなかったわけですから、

もしちゃんと公表しているのなら、

きわめてわかりにくいサイト、ということになるでしょうね。

また、2016年は…と始めて、去年の数字しか載っていない学校もありました。

2015年度卒業生の実績→2016年○月時点と明記していない学校は、

去年の数字じゃないか、何度も数字を確認するハメになりましたね。

数字が良くないから公表が遅れている…という学校はないようですが、

卒業者数を公表していない学校も多く、かなりバラバラです。

武蔵のように

「学校同士比較する大学合格実績を比較する風潮には同調しない。進学者数のみ公表」

と言いつつ、

その進学者数も一進一退という学校があることも思えば、

「過去最高!」とうたっている学校も、にわかに信用できなかったりするわけです。

実際に各校の公表のスタイルを比較してみるとどうなるか、

事前にはわかりませんでしたが、

「進路データは語る」のと同時に

(サイト上での)「公表スタイルは語る」という切り口もできそうですね。

いずれにしろ、国公立大、早慶上智、MARCHそれぞれのカテゴリーにおいて、

ベストを更新している学校は昨年より減少です。

仮にベスト更新しても翌年の反動が確定では強調する意味もないでしょう。

MARCH実績という評価基準もいずれ通用しなくなる、とは以前から感じていましたが、

早急に第四、第五の指標も発見しないといけないようです。

総論、学校間比較の後に、一校一校堀り下げる必要があるのか、

これから悩むことにします。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 21:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する