FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【続編】学校が難関大学合格実績を作るにしても、程度問題でしょうね。
数日前の記事で、この学校はどんな意図を持って、大学合格実績、進路実績を

「作って」いるのか、と書きました。

けっこう反応があったような気がするので続編です。

言い様は微妙ですが、「進路実績を作る」と言えば聞こえは悪いのですが、

進路実績はある程度、学校にプロデュースされるものだと思います。

以前、今では都内で誰でも知っている共学の進学校の広報部長の先生に

実際にそううかがったことがあります。

ただし受験料を学校が負担して「合格して来い」というのはいけません。

それをやって進路実績を伸ばして、新聞沙汰になった学校はこれまで

何校かありますから。

学校関係者に言わせれば

「そんなのどこでもやっているのに…」

気持ちはわかりますが、不自然にならないギリギリで行わないと

ダメなんじゃないかなあ、と。

これを「誰にも分かりゃしない」となってしまうと、

学校としてのモラルが問われるわけでしょう。

「誰にも分かりゃしない…」

もう保護者も塾関係者もなめられたものです。

観察する側からすると、「わからないギリギリの線」は、

特定の学校の暴走で露見するのです。

こっちのこの数字が意図的なら、あっちのあの数字にも意図があるな。

まあ、自分は長年難関大学合格者数を集計していますから(笑)。

もし、この業界にそういうモノ言いをする専門家がいないのであれば、

彼らは学校に養われているから、うかつなことは言えないんでしょうね。

知っているけど、公では言えない、は事情としてわかりますが、

公言する場がないので、興味・関心を持たない、のだとすると、

そっちのモラルもちょっと気になりますね。

その学校が無理をした理由が、入学時にマニュフェストでその程度の数字を出す、

と宣言しちゃったから、みたいな情けないオチではないことを祈りたいと思います。

それにしても自分で集計している国公立大学(20大学)合格者数の内訳をしっかり調べたくなりました。

その大学で2桁稼ぐなよ、みたいなケース、個々にはけっこう目につきます。

いまに始まった話か、始まった話じゃないか、がっちり検証する必要がありそうです…。



独自ドメインブログ・こことは別内容・毎日更新→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2009-2015 | 23:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する