FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校自身が大学合格実績で一喜一憂するのも考えもの…
受験業界以外で、中高一貫校の大学合格実績を継続的に注視している人はまずいないと思います。

だから成り立つ、と言ってしまえばオシマイな話ですが、まったくもってここ数年の

話ではありません。

きょう更新した「中学受験DEEP-INSIDE 2016-17」の記事と似てきてしまうのですが、

「10年前と比べてこの学校はこんなに伸びている!」

まあ、点と点で比べている限りは精密なことはわかりません。

もちろんですが、伸びていないより伸びていたほうがいいわけです。

有料コンテンツを一度でも購入された方はある意味がっかりされたかもしれませんが、

推移のグラフにはかなりデコボコ、山と谷があってとてもわかりにくい。

だからこそ解説文が必要ということでもあったのですが、

たまたまサイアクの年が10年前で、たまたま回復が表面化したのがことしなら、

その学校は最高に伸びた学校!

ということになってしまいます。

TOP30クラスならまだしも、それ以下の学校の「自己ベスト」ほどあてにならないものはない、

というのは推移を継続して見ているとわかるものです。

もちろん6~8年おきに自己ベスト、という学校もないわけではありませんが、

それでも底上げ、というよりは学年の特性じゃないかな、と思います。

さらに言うなら低迷している学校は、あるとき盛り返します。

その盛り返しが有意性があるものかどうかは、次の年を見ないとわからないのです。

瞬間最大風速での一喜一憂はナンセンスなのに…

そう思う次第です。

確信犯じゃなくて、そこを自覚していない学校はけっこう入学リスクが高いとも思います。

速報データとして、

都内の学校(TOP100の私立校)の今春の大学合格実績の概要。

3カテゴリーともベスト更新は

麻布、獨協の2校のみ。

まだ2006年以前の最高値をチェックしていませんが、ここ9年では最高値のようです。

国公立&MARCHの2カテゴリーでのベスト更新は

東京農大第一1校。

国公立大のみベスト更新は、

順天、富士見、普連土学園の3校。

残りはMARCHのみのベスト更新。

ベスト更新校、非常に少ないです。

同じ観点で2015年春のデータをチェックしてみると、

3カテゴリーともベスト更新は6校

国公立を含む2カテゴリーでのベスト更新は4校

国公立大のみベスト更新は2校。

ベスト更新のトータルは、15年春が45、16年春が16

都内に関する限り激減です。

この苦戦傾向は神奈川以降も続くのでしょうか?



独自ドメインブログ→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

2009-2015難関大合格実績推移TOP100総括はこちら(有料コンテンツ)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2010-2016 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する