FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大学の片思い?はたまた付属校生の片思い?
付属校と系列大学の関係はそれぞれ、を踏まえて

登場いただきます。

立教女学院と香蘭女学校。

どちらも厳密に言うと付属校ではなく、提携校です。

内部推薦の進学率は、

立教女学院と香蘭女学校

となっています。

香蘭女学校も立教女学院も立教への推薦枠が広がって人気が出たように記憶しています。

これに対応した難関他大合格率です。

上が立教女学院、下が香蘭女学校。

グラフの目盛りには注意して読み取ってくださいね。

立教女学院09-15
香蘭09-15

両校は高校募集がありませんから、

高入生は附属へ行きたい、一貫生は他大を受けたいというケースではありません。

どちらも気持ち挽回傾向とも言えますが、ここ数年かなり停滞していたことは確かなのです。

つまり多くの生徒が、立教大学進学を念頭に

中学受験をしてきたということになります。

国立や早慶は狙わない。狙えない???

内部推薦進学率を勘案して、少しハンデをつけたほうがよいでしょうか?

内部推薦を希望しない生徒を母数に計算しなおします?

この2校だけそうやるわけにはいきませんけどね?

つまり立教大への内部推薦進学を除いてしまうと、

TOP100には全然入りません。

というか、かつてはそれでもTOP100に入っていましたが

今ではそう計算すると120位以下になってしまいました。

成績優秀者が他大へ行く学校と、系列大の志望学部に成績が届かない可能性が高い学校。

前者は大学の片思い、後者は付属校生の片思い。

これもあらかじめ知った上で志望したのであれば、何もつらいことはないと

思うのです。

そうじゃない気がするんですが、思い過ごしでしょうか?








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する