FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

さまざまなタイプの付属校…それは大学との関係が多様だから
ひとくちに大学と付属校といいますが、それぞれの関係は

一様ではありません。

他大受験に熱心という例にあげた早稲田中高(男子校)は系属校で

付属校ではないのです。

付属なのは中学募集を数年前に始めた早稲田大学高等学院。

大学への推薦進学率は非常に高いですが、早稲田実業も系属校。

早実は例外にしても、大学が付属の希望者をどれだけ受け入れているかを

見れば、両者の関係は自ずから見えてきます。

中高が先に発足して後から大学を新設したケースも多いのです。

例えば大妻。女子大よりも中高のほうが先、にスタートしています。

その点でどっちが本家、こっちが本家という意識もあるようです。

その学校群の法人のありようを調べれば、いくらか見えてくると思います。

結局のところ、

推薦進学率がどのぐらいか、という数字を見たときに、

1.系列大学に進学する生徒は成績上位者

2.成績上位者は他大学に進学

3.どちらとも言えず、ほぼ半々

のいずれかであるか、A、B、Cと分類しようとします。

もし、2.であるなら、大学が推薦枠を限定するのは不合理です。

優秀な付属校生をひとりでも多く入学させたいはずです。

ところが、推薦の条件として、

「希望すれば全員推薦進学」と答える学校(大学)はごくごく少数なのです。

それは推薦たるもの、「成績」だけでは決めない、ということです。

人物像と意欲その他をちゃんと測ってから推薦合格、と答えます。

もちろん現実的には付属校生は系列の大学に魅力を感じてませんから、

他大に進学です。

なかなか表面化しない実情があるようです。

ですから、

1.系列大学に進学する生徒は成績上位者

2.成績上位者は他大学に進学

3.どちらとも言えず、ほぼ半々

の実態は推薦進学率の数字で判断せざるを得ないというわけです。

ですから、

「付属校多数派理論」

なのです。

ここで思い出すのは、推薦合格者と推薦進学者に大きな差がある学校もある、

ということです。

つまり系列大進学の意思が確固たるものではないのに、推薦希望を提出し、

後で辞退しても問題のない大学=付属校の関係もあるようです。

学校によっては腕試しで推薦希望を提出しているか、大学に頼まれて書類を

提出しているように思われるケースさえあり、なかなか複雑です。

ですから何度も言うように

大学=付属校の関係は

推薦進学率が重要なのであって、推薦合格率ではないのです。

他大とは明らかに違います。

ちょっとイレギュラーな物言いで表現するなら大学の「支配力」がどれだけ付属に及んでいるか、

なのです。

九段の白百合学園は「白百合女子大の推薦枠はない。推薦進学という扱いではない」

と言います。湘南白百合学園は「厳密には推薦ではないが、推薦と扱ってもらっても

問題ない」と答えます。神奈川県西部、箱根に登る途中の強羅に

函嶺白百合学園という学校がありますが、ここはきっちり「推薦進学」としています。

見事に大学と高校の力関係なのだと言えるでしょう。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 22:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する