FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中学受験はどう変わる?変わってきた?→PART3
二極化について深く掘り下げるかどうか悩んでいます。

ただただ受験生が集まらない学校の分析をここでしてもしかたない気がします。

二極化というぐらいだから、受験生が集まってしかたないほうを掘り下げたほうが読んで面白いのかもしれません。

でも、それもバブルな要素がありますからね。だって人気がありすぎる学校は難易度がそこそこ(高い)っていうことだから。

ということで、「今後の動向」という意味での中学受験の将来像はここでいったん締めることにします。

最後にこんな内容を書いておきましょう。

受験生の減少が続いて、取り返しのつかない低迷状況に陥ってから

「何か対策はないものか?」「広告企画でなんとか打開したい」と言われても

なかなか成果を挙げることは難しいです。どうしてそこまで放置しておいたんでしょう。

まあ、そういうのは学校の業界だけの話ではないと思いますが。

やっぱり自分の学校のポジションがあまりわかっていないから「まだ大丈夫」と油断していたのかもしれませんね。

あとは校長先生が忙しくて将来の校内改革に時間を割いていられないような学校もあるかもしれません。

在校生も受験生もちょっとかわいそうです。

ちなみに四谷大塚の偏差値なんかはよくできたもんで

「入試で競争が起こっていない」学校の偏差値は算出されていません。

ぎりぎり受験者数だけが足りているような場合は極端に低く出ています。

自分はその点、非常に誠実だと思います。

私立の入試広報の先生は偏差値表に自分の学校の名前がないと、とても悲しいようです。

下のほうでもいいから校名を出してほしいと。

厳しいことを言うようですが、校名が掲載されたからって、誰かが見つけて受験してくれる保証はあるんでしょうか。

入試システム(日程)をいじりまくり、回数を増やし、受験機会を最大限に拡張して、

その結果、初回の日程以外は受験者数ゼロ、とか、

入試結果アンケートで「(あまりに少ないので恥ずかしくて)非公表」とか

偏差値表を制作する模試の担当者はため息ついていると思います。

とにかく万が一でも聞いたことのない校名に遭遇したら前年度の受験者数を調べてみることです。

実質倍率を調べてみることです。

たぶんここでワーストランキングを公表したところで、

読者の方々の役には立たないでしょう。

その若干上の層に位置する地雷校、地雷予備軍のほうが情報として大事でしょうから、

予想していましたが徐々にカテゴリー区分は整理していくつもりです。









FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学受験の「将来像」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する