FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

世の中の流れと学校(私立中高一貫校)の教育?
連休なので静かですね。

ブログアクセスは。

ちょっと寂しい気もしますが、いまの時期、

ここを読むよりも大事なことがたくさんあると思うので

時間を有効に使ってほしいと思うのです。

かなりもったいぶった紹介をした千葉の女子校。

別に有名校でもないので、どうでもいいわけですが、

ダメな学校のどこからがダメか、という話を考えると、

その仕事で給料がもらえていること自体が問題なのでしょう。

トップの意識と、聞く耳を持たないスタッフが育っていて、

ノーと言えない組織風土。

自分のやっていることに疑問を持たないから、

質の低下が客観的に理解できない。

というよりは質の向上がかなわない。

そういうこと?

とひっかかるポイントがあまりに多いのです。

だって、類は友を呼びますから、

学校に限らず、わずかな一面を見ただけで、

「考えないんだな」と。

でも、いまの社会はほとんどそれが当たり前になっていて、

そこに注目する人があまりいないので嘆かわしい。

給料をもらうためなので、不本意でもしかたないと思って

やっている。

そのうちにそれが当たり前、何の疑問も持たなくなる。

他人の位置や立場がわからなくなる。

自分のほうが大事でも別にいいんですよ。

まずは相手を認めてあげればいい。

そうすると相手も表面上は満足する。

「なるほど、そういうわけなんですね」と同意すればよい。

そうそう数日前も暗い道で横断歩道を渡ろうとしたら

タクシーが左折しようとしてすんでのところで止まりました。

「危ねえな」とひとニラミすると、

運転手はわざわざ窓を開けて「見えませんでした」

アホか、おまえ。謝るんじゃないのか。

事実を告げてどうすんじゃ。はよ、行けや。

思わず関西弁の気分になりました(笑)

歩行者はそのタクシーの客ではありません。

でもその乱暴な態度のタクシー会社を歩行者は認識しますよ。

これを「アタマ悪いなあ」

失礼しました。注意します。が言えないから、アタマ悪い、です。

学校の業界にもそんな個人は当然のようにたくさんいるわけです。

何で給料をもらっているか、(その場の感情に逆らってでも)

自分は本来どうふるまえばよいのか、です。

このあと続く話、学びの極意的な話がありますが、

1日有料コンテンツをはさみます。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する