FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「中高一貫」についての基礎知識→PART3(おまけ)
学校のポリシーとして一貫生も高入生もどちらも大事なウチの生徒だから、

どっちが優秀とか論じたくない、というのであればいたしかたありません。

手もとにそれを分析するデータがないのであれば、合計値として論ずるだけでしょう。

でも…。でも、過去にどちらかだけのデータがあったらどうでしょう。

新たに中学を開設して中高一貫をスタートした学校が、

中高一貫の一期生に対して「そういった区分をして答える筋合いはない」と主張したら?

こういう例があります。

東京都立武蔵高校と県立千葉高校。

どちらも高校募集をしている併設型の一貫校です。

そして、どっちもかなりの進学校。

都立の場合は白鴎も、まあ両国もなんだかんだで一貫生・高入生のデータを公表しているんですが、

公立って頑なに「データはこれしかない」「これ以外は非公表」っていう傾向があるんですよね。

この都立武蔵県立千葉も「合計のデータしかない(一貫生・高入生ごとのデータはない)」というわけです。

そうか、そういうポリシーか。

でもそれで「はいそうですか」では終わらないんですねえ。

しばらくの間は中高一貫生が卒業する前のデータと比べれば、それなりの真相がわかります。

都立武蔵は中高一貫生が卒業した後は数字が伸びています。どうして公表しないんでしょう。

「高校募集に支障がある」からでしょうか。

県立千葉は以前より数字が落ちています

高校から入る生徒のレベルが高すぎて、一貫生がついていくのが精一杯なんでしょうか?

うーん、不利益な事実を隠ぺいしようという意図なのか、単に面倒なだけなのかわかりませんが、

こちらは私立も含めてかなりの数の実例を見ているわけですから、

真意がどこにあるか、わりと透けて見えるんですけどね。

いずれにせよ、公立高は進路アンケートに対しても、不親切です。

なぜそんな細かいことを業者に答えなければいけないのか、ですね。

決して「そんな細かいことを公表したら本校に不利益だ」ではない気がします。

卒業生の進路に対して説明責任を負わない学校って、

受けて大丈夫なんですかね。

メニューは示さないが「味には自信あり。まかせとけ」なんていう飲食店といっしょかな。

古いタイプ、というんですか。

まず相手を信じることから始めなければいけない。

でもって、不満足な内容だったらどう責任取るんでしょうね。

さすがにこの点(情報公開のハードル)では私立のほうが公立よりやや勝っていますけどね。









にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 10:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する