FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「7年間推移」のここまでの歩み、という話
ここのところ本ブログ(fc2ブログ)の記事テーマが

単調になっているように思います。

意識はしているのですが、

無料ブログ(中学受験DEEP-INSIDE 2016-17)との記事の書き分けがまだ

自分の感覚的には仕訳が完全じゃないのかもしれません。ちょっとしつこい気もしますが

もう少し「7年間推移」のそもそもの話を続けてみたいと思います。

自分が受験情報誌編集部に配属されて最初の年だったか、

当時の上司がこんな説を唱えました。

進学校成長論→「MARCH」「早慶上智」「国公立」の順に進路実績は伸びていく

という理論です。

そのときはなるほどなあ、と思いました。

だって、実績を伸ばすための難易度はこの順番なのですから。

その理論をベースに「どう伸びているか」を具体的に数値化しようと思いついたわけです。

7年間としたのは、卒業生の結果を見て入学するまでに7年間かかる、

という理由からですが、

前の記事でもお話ししたように単年の成績上下で一喜一憂することを排除するために

平均値で判断するという意味合いもあります。

もうひとつ理由がありますが、ここではナイショです(笑)。

問題はこの「MARCH」「早慶上智」「国公立」の3カテゴリーに

どの程度の係数を掛けるかなのですが、

もちろんこれも正解はありません。当初、暫定的に「早慶上智」×1.2、

「国公立」×1.5としたものをずっと使い続けていますが、

これが正解である保証はどこにもありません。

それに「国公立20大学」として、東京大学1名と東京藝術大学1名を

同等に評価し、東京海洋大学を含めない、という「定義」に

どれだけの信頼度があるかと厳密に詰めていけば、

そこまで絶対的なものではないと言えるでしょう。

しかし、ここに別の視点があります。

学校間の相対順位で比較していくと、開成や桜蔭のランクは不当に低い、のは承知です。

でもこのクラスの学校はこの「7年間推移」の順位で評価を見直す学校ではないでしょう。

それよりも、です。

この7年間推移は学校間というヨコの比較だけでなく、

その学校の時系列というタテの比較

としても機能することにほどなく気づきました。

そうなると「進路実績の伸び」を指数化して、今度はその「伸び」を学校間のヨコ比較に

変換できるというわけです。

当然ながら、総合順位の上位ほど、動きは鈍くなり、下位ほど上昇下降の可能性は

大きくなります。

つまりそれぞれのゾーンでの「動き」を測ることで、進路実績のパフォーマンスが

判定できることになっています。

何段構えでもあるということです。

昨今MARCH実績はどの学校でも伸ばしています。

ここでMARCH実績を軽視して早慶上智や国公立へシフトしている学校と、

早慶上智は伸ばせないがMARCH実績だけぐんぐん伸ばしている学校では尺度が

まったく違うわけです。

そしてMARCH実績の伸長さえままならない学校は、

いまだ学力向上のノウハウを手にしていない学校であることが

はっきりしてくるわけです。

有料コンテンツのグラフ比較はそこそこのロングランになると思っています。

いずれトップ100あたりまでの全校が登場することでしょう。

進路実績だけが志望校選択の決め手にはならない、と言いつつ、

東大1名!に反応するのが保護者の悪い癖です。

もしそれが事実なら、たった1名の東大合格者を学校は意思にかじりついても、

紡ぎ出そうとすることでしょう。

いま多くの進学校の喫緊の課題はMARCH合格層をいかにして早慶上智合格層に

育て上げるか。

たぶんここは単に効率的なカリキュラムを組んで、補習などで弱点を補強し、

主要教科に時間数を割いて入試突破力を伸ばす、限界点なのだと思います。

その先はいかにモチベーションを保つか、部活も両立させつつ、ある程度の余力を

持って大学受験に立ち向かうか、そこから積み上げないと難しいでしょう。

そしてそのためには、志望校ランクを落としてようやく中学受験を突破した

ぎりぎりの受験生たちにとっては過酷な6年間なのだと思います。

中高一貫生が中弛みのために「現役合格約束の進学塾」になびく風潮も

そこにあるわけです。

以前から言われていることでもありますが、

先々のためには中学受験で消耗しきらない工夫も

意識しておかなければいけないのだと思います。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する