FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

やっぱり校風問題は進路実績で半分ぐらい解決できる、と思うのです
本ブログの「進路実績」重視の姿勢についての記事も

そろそろひと息つかないといけませんね…。

かつて、首都圏中学受験ネットでいろいろな新企画を考えていて、

こんな企画をライターさんに提案したことがありました。

そのライターさんに提案した理由は彼が某大手進学塾出身で

多くのトップクラスの中高一貫校の取材経験があり、

自分よりも詳しいと思ったからです。

例えば?

と言われたので、そのとき例に出したのは

桜蔭vs女子学院

でした。

校風の違う両校をデジタルに10~15項目程度に分け、

こういうタイプならこっち、という比較をできないか?

とふったのです。

そのときのライターさんの答えは

「編集長が何を言いたいのかわからない」

というものでした。

だって、桜蔭と女子学院では校風が違うでしょ?

そのときは気づきませんが、こういうことです。

・合格可能性80%の偏差値まで近づいていればどちらを受けてもいい

・過去問を解いてみて、極端にニガテでなければ、どちらでもいい

・ただし桜蔭のほうが若干難易度が高いので、桜蔭に不適性なのでなければ桜蔭受験
そのほうが塾の進学実績にも貢献するし

もちろん、桜蔭・女子学院の両校に高い合格可能性を持つ、

というのは稀有で、すごいことです。

ただ、6、7年に1回、いわゆるサンデーショックの年に女子学院の入試日が2月2日に

移動するや「サンデーチャンス!」とばかりに両方受ける受験生がいますから、

できるだけ偏差値の高い学校にたくさん合格したいと思う受験生&保護者は

多いのでしょう。

入学できるのはただ1校だけですが、全部受かった!という勲章が欲しいのだと思います。

あくまで桜蔭・女子学院の併願は極端な例ですが、やはりどうも、

偏差値が足りている、足りていないに関心が集まってしまうのが常です。

志望校がトップクラスで、そのせいで選択肢が狭い中であれば、

さほど結果に差は生じないような気もします。

桜蔭も女子学院もその学習環境・教育環境に自らの誇りを持っているはずですから、

その優れた環境が「ぜひそこで学ばせたい」という各家庭の価値観と一致さえすれば、

あとは直感、フィーリングによる選択でいいのかもしれません。

ただし、中堅校ではそうは行きません。

最初に自分がそのライターさんに

「桜蔭と女子学院を比較するとしたらどこがどう違いますか?」

と聞いた質問を

「白百合学園と鴎友学園とどう違いますか」

に置き換えればそのカラーの違いは歴然としているのではないでしょうか?

例を挙げればきりがありませんね。

いまの進学塾はほとんどそこを見ていないように思います。

偏差値という数字と、過去問との相性で最終受験校を決定するように

受験生に促しているように思います。

それが2年間、市進学院と受験案内を共同制作した際の

「アルバイト講師でも受験生に志望校アドバイスできるようにするためには

併願校一覧は、必要」

という発言ともシンクロしてきます。

中学受験にあまり詳しくない講師が一覧表で一律にアドバイス、は

ナンセンスなのですが。

塾関係者は塾関係者でちゃんと学校を見ていると思いたいですが、

保護者とは視点も違っているのだ、ということは確実に言えるようです。

きょうはちょっとタイトルと記事区分が強引だったかもしれませんねえ。

自分の中で根っこはつながっているもので。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する