FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「中高一貫」についての基礎知識→PART1
かつて担当していた受験情報誌のキャッチフレーズに「中高一貫を目指すなら」という

フレーズがついています。

中学受験=中高一貫校受験だと思っている方がいまだ多いかもしれません。

ですが、現実は違います。

私立中学を受験するということになれば、紛れもなく「中学受験」ですが、

学校法人によって小学校・中学校・高等学校・大学とそれぞれで募集枠があるわけです。

特に中学校と高等学校の募集枠を比べるだけでも、学校によって千差万別です。

高校募集がまったくない「完全中高一貫校」(中等教育学校も同義となる)もあれば、

中学で1クラス募集なのに、高校では8~10クラスで編成されている学校もあるのです。

つまり高校募集のほうが人数が圧倒的に多い。

そういうタイプの学校に中学から入学したら、

高校1年になったときにどうなっているでしょうか?

多くの場合は公立中学から進学してきた生徒といっしょになるわけです。

もちろん内部進学生と高校入学生でクラスを分けている学校もありますが、

分けない学校も多くあります。


さあ、学校としてはどちらの募集に力を入れているのでしょうか?

受験料や授業料のことを考えればわかるはずです。

学校情報のアンケートをとっても、卒業生の進路実績は

「中学では把握していないので、高校に問い合わせてほしい」と答える学校が

数多くあります。

つまり、中高で組織が別、というタイプの学校法人です。

受験校を決めるときに偏差値ばかりでなく、校風もちゃんと確かめましょう、

とはよく言いますが、まずはその学校の生徒構成を把握することが先決なのです。

あらためて高校入試を通過しなくても、高校進学が可能、という形態を

「一貫」と呼ぶのには無理がある、というわけです。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 08:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する