FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひとりでも多く、が自分の目標です。でも全員は無理、は知っています。
すぐに正解を探すのは悪い癖ではあるんですが。

以前、自分で人間観察が趣味の域を超えているかもしれない、という自己分析をしました。

もちろんこれは人生を楽しんでいる一環ですけどね。

これをリアルな視覚的な観察だけでなく、ブログPVの動向からも

ある程度は観察できるように日々精進しております。

中学受験に真剣に取り組んでいない層、けっこう目立ちますね。

視点を変えると、全員が真剣に取り組めるわけがない、ということです。

真剣とは何を指すのか、おまえ説明してみろ、でしょうか(笑)

じゃあ、自分の考えを述べます。

公立中進学よりも多大な出費をするのだから、その成果を予測する論理性です。

まあ、これも具体的にどんな成果が見込めるか、東大合格か

という直接的なものとは限らないのですけれど。

人生80年として、最初のその選択があったために、大半をスムーズに

そこまで苦労せずに、もしくは苦労を苦労とも思わずに過ごしていける。

そんな「成果」のために中学受験をする。

当たり前の感覚かと思うのですが、立場を替えて

「公立中進学よりも多大な出費」と思わなければ、

その見返りもあまりイメージしないように思います。

わが子に将来苦労させたくない、を受験の苦労から解放してあげることだと

考え、大学の付属校を志向する層もいます。

大学が残り4分の3の人生を決定づけるのだと信じて疑わない人も

まだまだ多いでしょう。

いろんな考えがある、としておきましょう。

考え抜いてのその結論であれば、価値があることです。

保護者自身が人生を終えていないのですから、正解なんて

わからなくて当然であるとも言えます。

言い換えて自分が体験していないことをいかにイメージするか、という能力かも

しれません。

これって人間だけに備わっている能力だと思いますが、

自分が体験したことを将来に活かせない、学習能力の欠如が問題になるわけですから、

他人の失敗から学習するのは、さらに難しい事だと言えます。

PVその他から見える、こういう状況を目の前にして、自分は数値的な分布を

イメージします。

何%が確信的で、何%が妄信的で、何%が聞く耳を持たず、

何%が刹那的で、何%が説かれても理解できないのか、と。

これらを総合して「もっと中学受験の保護者には覚悟が必要」と

カテゴリー分類をしました。

この「覚悟」というワードは、以前ブログに登場しましたが

自分と同年齢でいまこの世界で活動していない、この業界で先輩の

ライターさんの言葉からいただいたものです。

自らの道、は意識しつつ、今まで自分に影響を与えてくれた

さまざまな人物のことを振り返りつつ、きょうはこんな内容にしてみました。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する