FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

100のサンプル検証で、わずか4校の停滞が浮き彫りに!
偏差値と進路実績の推移の関係、なかなか深いことが

少しは伝わったでしょうか?

月曜日更新の記事
「12年間?補正と検証を重ねた進路実績推移グラフの意味するもの…」

は、まあ予想していた程度にはご支持をいただきました。

この延長線上の内容ももう少し強く意識したいな、と思いました。

あと一般的な傾向でまとめられない場合は、複数の尺度を駆使して、

その学校個別の理由を考えてみると謎が解けます。

さて、現在第四期比較データ用にTOP41-60の中から比較価値のある学校を

ピックアップ中ですが、

この全体順位を決める「総合値」、07-13,08-14,09-15と3つの7年間平均を

並べて連続ダウンしている学校はただ1校。

知りたいですか?

知らなくてもいいと思いますけど。

じゃあ、またクイズにします???

(改行1)

(改行2)

(改行3)

(改行4)

(改行5)

(改行6)

(改行7)

(改行8)

(改行9)

答えは開成。

だってここは東大現役合格3桁ですから、

早慶上智がどうしたMARCHが伸びない、

全く関係ないですからね。

ということは…総合値は少なくとも3年分並べてどの学校もどこかは上がっているものなのです。

ことしダメでも次年度、その反動で巻き返す。

TOP60以内の学校に進路実績が落ちこみ始めた学校は皆無ということです。

それは何を意味するか。

上位の学校は伸びるのが当然、ということです。それが平均。大ざっぱにそういう「質」なのです。

現状維持は場合によっては落ち込んでいるのと同じ、ということです。

この現実を知らないと、うわべのMARCHの伸びを信用してしまうわけですね。

いま気になってTOP100まで見てみましたが、連続ダウンの学校はあと3校。

69位と97位と98位にいました(順位は都立を加えない私立進学校のみの順位)

これは次回クイズ、じゃなくて有料記事なのかなあ。

100校中96校が現状維持か上昇なのにたった4校。

数字は正直なので、明らかに校内に問題があると思いますね。

さすがにこの3校はやめたほうがいいと思います。

数値は単独よりも相対で判断する。

これはある程度のサンプル収集が不可欠なのは言うまでもありません。

なんかしつこい気もしますがせっかくの機会なので

先の下降4校をとっかかりに

この「7年間推移」の原理をもう少し紹介したいと思います。

無料記事のみの「中学受験DEEP-INSIDE 2016-17」もチェックいただけますと幸いです








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2009-2015 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する