FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

12年間?補正と検証を重ねた進路実績推移グラフの意味するもの…
「大学合格実績7年間推移」に興味のない人も多いみたいですが、

もし学校選びにも興味がないとすれば、とても不思議です。

ぜひ、なぜ中学受験をするか聞いてみたいです。

グラフの見方がわからないから、というのがその興味のない理由なら、

中学受験に対する「戦略力」にかなり不安をお持ちですね、と言わざるを得ません。

もちろんブログ上の記事からはそれは見抜けませんが。

有料コンテンツ…7年間グラフはまだTOP40校の範囲でしか、

登場していませんが、こういうデータを調べてみました。

偏差値との相関です。

これで当ブログの集計が「信頼性を欠く」と断ずるほど、

偏差値信奉者なのであれば、もう何も言いません(笑)

偏差値の高い学校はいい学校、としておきましょう。

top001-020
top021-040

左端は首都圏模試の2016入試の最終偏差値です。

順位が偏差値の順に並んでいないことがわかりますね。

偏差値が高いのにランクの低い学校、偏差値が低いのにランクが高い学校が

それぞれどういう意味か、言わなくても大人ならわかるはずです。

ただし、この指数の性質上、国立大>私立大が顕著な学校と、

(国立大<私立大=MARCHが極端な学校も同様)

通学ロケーションに難のある学校は若干アンバランスが生じていますが、

その要素を除けば、

過大評価、過小評価の学校が一目瞭然。

さて、ここで簡単なクイズです。

下の3校は偶然にもいずれも、偏差値64の男子校ですが、

どの学校のグラフでしょう。

B校
A校
C校


次の校名群に正解がありますから、選んでみてください。

(城北、巣鴨、本郷、桐朋、世田谷学園、芝、海城、駒場東邦)

おっと正解は4/12いっぱいの公開だったのですが、4/13に日付が変わった時点で

ここに付記し忘れて、不完全な表現になってしまい、

ご迷惑をおかけしました。直接これらの学校を志望される方のために次回

有料記事更新の際に8校すべてを含めたコンテンツを作りますのでお待ちください。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2009-2015 | 22:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する