FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校・塾・保護者のオトナの事情…あえてほんとうのことを言わないのではなく…?
編集部を離れたせいもあるんですが、いちばん気になる部分はここです。

学校も、塾も、保護者も。

結果としてすべてがハッピーになればいいんですが、

そんな結果は確約できますでしょうか?

結果はともかく「頑張ったなあ」「自分の経験値として蓄積されたなあ」

と振り返ることができれば、意義のある中学受験だと思いますが、

振り返るっていつよ? と思い始めたら、

やっぱり気になるのは表面的な結果であり、そこに至る数字でしょう。

問題は保護者の覚悟という記事カテゴリーを立てたのは

まさにそこがいちばん気になっているからで、

「なぜ中学受験をするのか」という答えから、どんどん遠ざかっていく

保護者が増えていると感じています。

まあ、ここでそれを言っても始まりませんね。

で、さらなる問題は学校も塾もその風潮を助長している事。

だって「お客様」はそっとしておいたほうが、自らの思い通りになるから。

自分たちのハッピーはお客様のハッピーと一致しているかどうかは

別問題と陰でニヤリ。

そこまでえげつないとは思わないですが、いまの世の中のシステムが

そっちへスライドしていますから、学校・塾業界も同様なのです。

もちろん例外はありますけど。

じゃあ、それを裏付けるエピソードをふたつ。

3年前ですか、某塾とコラボして受験情報誌を制作しました。

データの集積量は相手のほうが多かったのですが、制作コストを考えたとき、

圧縮するという方向性が出ました。

しかし、先方は圧縮を「現場の意向」と称してことごとく拒絶し、

結果としてコスト負担が無視できないものになりました。

そしてそのコラボは2年で終了しました。大赤字でした。

この編集作業の過程で、情報をどう伝えるか、という方針の話になりました。

残念ながら、集積した膨大な情報は存在するものの、それをどう伝えるかの

ノウハウはその某塾は持ち合わせていませんでした。

その最たるものが「受験生のほとんどが4科受験」というくだり。

延べ受験機会で集計すれば実際の受験生の80~90%が国算理社4科で

受験していることは明白なわけですが、塾としては2科でも

戦い方次第で健闘は可能、と言いたいわけです。

でも実際に受験生はそうしたいのはヤマヤマですが、恐怖感があるので

理社も無理して頑張り、その結果国算対策がおろそかになったりします。

見事なオトナの事情かな、と。

そんなことは保護者はわかっていて、ちゃんと裏でプロデュースしていれば

よいのですが、そこもまた不安を抱えています。

しっかり2教科を対策するのと、散漫に4科対策をするのと、差は見えています。

ふたつめは、そういう風潮の中、やはりことしの入試はどんな入試だったか、

という話になります。

受験者数微減の継続的な傾向に、各塾は触れたがりません。

それは業界の衰退を意味するからです。

そしてこう言います。少々受験者数が減っても上位の人気校の入試は

易しくなることはありません。

はてさて、「上位の人気校」とそうでない学校の線引きはどこでしますか?

偏差値ですか?

受験生が減って、密度の薄い入試になることで、

「上位の人気校」の座を追われそうな学校は午後入試でナントカつなぎとめている

状況は本ブログで報告した通りです。

最近思うのは絶対的な数は確かに力になると思いますが、

ブログもこの表面的な数字だけを追うのではいけないと思ってます。

経済的な条件を満たせないと中学受験には望めません。

それはわかっていますが、中学受験に望む条件は

それだけではないように思ってます。

ここのところ痛感するのはそんなことです。

いつになく?きょうはマジメに書いてしまいました。

明日はようやく週末ネタです。じっくり英気を養いましょう。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する