FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

各世代とも情報処理のポテンシャルが追いつかない世の中なんでしょう
しかし、毎回ストレートな物言いで他人を傷つけてしまうことが多いみたいですね。

あとは「気に食わない上から目線」とか、よくそう言われます。

たぶんこのブログを、断定的、独善的と感じる読み手は、その人を映しているのだと

思いますよ。なぜキタシロがそう断じるに至ったかにはまるで興味がないのだから。

その言いようだけにハラを立てます。

で、言わずにそっと心にしまっておけば、何かが変わるのでしょうか?

もちろん、言っても何も変わらないことのほうが多いでしょう。

でも「コイツ!」とムカつかせたことで、何か変化が起こるかもしれません。

この文章も他人からそうされたので、それで思考が働いて、こうして

十行ばかりよけいに書いているのです(笑)。

さてさて、きょうは、まさに題して立ち聞きシリーズ。

千葉から都内へ戻るときの総武線車内で聞いた会話。

内容は「SNSで知り合った人物とリアルでオフ会をすることに抵抗があるかないか」

相手は未成年かもしれないし、若いコを付き合いたい

おじさんのカモフラージュかもしれない。

リスクがあるかないか…。

そうまでして友だちが欲しい、ひとりは嫌なのが女子の本能なのだと思いますが、

どうも、その仮想コミュニティを媒介しているのがスマホのゲームらしいのです。

そのコの友人は「そんなのやめときな。何かあったら問題だよ」

でも相談している本人は「でもなあ…大丈夫そうなんだよなあ」

誰かが作ったプラットフォームの上で、課金にさらされながら、それでも

悩みを募らせている…。3分ぐらい聞いていると

ふたりとも19歳だったようです。

リアル彼氏が遊び人で困っている、といった系統の相談のほうが、

温かみがあると思いました。

その女子の友人は「自分の子どもだったら絶対させない」

あなた、まだ19歳なのに、そこは自信満々。

「ラインなんかくだらないし、するなら

カカオトークかスカイプしかないと思うけど」

いやいやリアルな友人とつるむ話じゃなくて、不特定多数と

バーチャル内でいかに適切な距離で

付き合うか、という話題らしいです。

もううオジサンにはわかりません。

というか、こうやってブログを書いているのは、

距離感を見ているからでしょ?

まあ19歳にはこの複雑、無理なのだと。

しかし、いまどきその席に座ることは、とても簡単です。

そうなりたくないと思うから、その世代になる前に

今、やることをやっているんでしょう。

多くのことを知ることで、判断力は増します。

まあ、このブログもいろいろなことにかこつけて、

ずっとずっとその話なんですけどね。

狭い世界しか知らないから、いざというときに判断ができないわけです。

話はかなり飛びましたが(笑)、強引にまとめると

インプット、アウトプットのお話です。

アウトプットのイメージがないのに、インプットは

むなしい努力。

だったら、アウトプットのイメージを豊富にすることで、

さまざまなインプットも苦じゃなくなります。

何のために勉強するの?

いや、勉強とか思わないのがイチバンですけどね。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
春になってきました。コンテンツを整理して利用しやすい環境をめざします!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する