FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【週明けは分析最終段階】まあ、読んだ人だけトクをするってヤツでしょう
なぜ受験者増減の分析をここまでしつこく続けるかと言えば、

複数の視点でこれらを検討したときに

確実にその学校の置かれている状況が見えてくるからです。

それを進路実績と対比すると「真の実力」がわかるからです。

「伝統の力」を意地とプライドに代えて、結果を残し続けている学校もあれば、

名前のある学校なのに、年を追うごとに失速していき、

取り返しのつかないことになってきている学校もあります。


また「伸びている」を必要以上にアピールして、6年間をひたすら乗り切ろうという

見せかけの勢いの学校もあります。

学校もやっぱり「人」なんだと思うのです。

OBやOGが多くスタッフに加わっているのも良し悪しです。

愛校心がある反面、客観的に事態を俯瞰する視点がありません。

逆に愛校心がなければ、契約上、在任期間だけ結果が出せれば、

自ら納得の報酬を手にできて、それでいい、という考え方も

あるかもしれません。

そもそも論ですが、

学校というもの、育成力(教育力)>=広報力であるべきで、

その逆であるなら、誠実さに問題がある、という評価になるでしょう。

そこで、続いては

6.初回入試の占有率で志望度の高さを知る
7.午前入試受験者数vs午後入試受験者数


連動するこのふたつの要素へ進みたいと思います。

ここまでの観点で、複数回「やっぱり疑問符がつく」サイドへ分類されたなら、

評価の視点をどう変えようと、選んでリスクの高い学校だと言えるでしょう。

たぶん、記事は1回で終わらないと思いますので、

明日はもう週末ですから、この最終段階は週明けに更新することにします。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
入試結果分析で勢いのある学校とそうでない学校が集計分析で明らかに! 応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する