FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【受験者増減の深層】急増している学校のほうがリスク大???
きょうは4年区切りで、それぞれ10%以上上乗せしてきた16校について

ツッコミを入れたいと思います。

受験者増加の学校を後で紹介する理由は、

残念ながら手放しで喜べない、からです。

連続増加16

淑徳与野を除き、

午後入試に力を入れてきた学校、公立中高一貫受検生をターゲットにした

適性検査型入試を導入してきた学校、そして大学の系属化&共学化した(する)

学校が、この表のラインナップのほぼすべてです。

ここまでの記事の流れで

一時的な受験者の増(ほんとうに一時的かどうかは現時点では不明ですが)が

いかにリスクをはらんでいるかどうかは

繰り返し述べてきました。

これ以上は、学校に実際に足を運び、実際の責任者の言を踏まえて、

確信を持たずに志望校に組み入れるのは無謀であると思うのです。

この記事での結論は

「全体の流れとしては受験者数が伸びるはずがない」

→「伸びるはずがないのならば、いかに質的向上を実現しているかで差がつく」

つまり「入試改革」で、「多くの受験生が受けやすい入試」の実態の多くが

このタイプだった、という振り返りができるわけです。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
入試結果分析で勢いのある学校とそうでない学校が集計分析で明らかに! 応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する