FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【2016入試分析再開】付属校人気はほんとうか?
さて、週も明けたところで、2016入試受験者動向、きょうはこんな切り口で

調査してみました。

付属校前年比


早慶+MARCHの付属校の受験者数の前年比較。

2月のはじめごろ、どこかで2020年問題があるため、ことしは付属校が人気という

記事を読みました。

その感想は「ウッソ~」

その後、各校の受験者数を調べていて、一瞬、違ったかな?と思いましたけど

直観は過たず、でした。

思うんですけど、数字って細部を見て、疑ってかからないと

真の姿は見えてきません。

1都3県の受験者数が微減ないし横ばいだったとして、

付属校人気が本当なら、当該校を抜き出せば、

横ばい、ないし微増でしょう。

事実、表中の17校の受験者数合計は、前年より4%増です。

でもよく見ましょう、

サンデーショックの揺り戻しの年でライバルが減った、青山学院増。

共学化の法政第二増。

この影響は大きいです。

そもそも国公立大志向が、センター試験が新たな試験に変わることで、

私立大に流れる、とは思えません。

これって、学問の基本で

「まずは疑ってかかる」

絶対違うはずだ。その反証を列挙してから、

どっちだろう?となるんだと思います。

立教新座は増えているけれど、立教女学院や香蘭は減っているし、

中央大学附属は増えているけれど、中大横浜は減っています。

明大の付属3校はすべて減少。

これまでの傾向からして、「一概にいえない」流れで来ているのに、

付属校が再びブームという安易なヘッドラインに踊らされるのは、

いかがなものかと。

もしかしたら、その裏に別の意図があるのかもしれません。

どうでもいい、といえばどうでもいいかもしれないことですが、

「今春の入試をひとことで言うと、どんな入試?」

という質問こそが、ど素人の質問なんだよ、と思って

久しい、というのがキタシロの本音です。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
入試結果分析再開です。勢いのある学校とそうでない学校が集計分析で明らかに! 応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する