FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

物事が見えてくるタイミングはかなり先…ゾロメもそう言ってますよ(笑)
それじゃあ、昨日のカラスの話から。

そうですね、どこにでもいるカラス。

カラスと白

野鳥の撮影で珍しい鳥がうまく撮れればそれはいいのですが、

別に狙ってその場所に「バードウォッチング」行くわけでもなく、単なる巡回。

日常のシーンの中で撮りたい絵があるか、感性を研ぎ澄ませていると

ありふれた鳥の意外な一面や、狙って作れないシチュエーションに

出会ったりします。写真のいいところは、記録でもあり表現でも

あるところで、この日は、まず、

川が凍っていた。その結氷の上に雪がうっすら積もっていた。

朝日が逆光で昇ってきた。カラスが一羽いた。

白い雪にカラスの影が映っていた。カラスは熱心に何かを咥えようと

していた。

この6つの条件が偶然一致した瞬間だったので、

撮ってみた、というわけです。

カラスがありふれているどうこうではなく、シチュエーションが

レア、と判断したのですね。ここにカモメがいたら絵にならない。

白に白。結氷面に積もった雪が微妙にまだらになっている。

特に朝日とか逆光の場合は、写真より肉眼のほうが綺麗ですけどね。

まあ白と黒ならなにかそれらしくなるだろうと。

2時間経てば陽は高くなり、川面の氷は融けてしまうわけですね。

コンデジの露出スペック的にはかなり厳しい条件です。

ベンチマーク的な写真かもしれません。

この直後、日陰の川面に、特に真っ白なカモメが浮かんでいたので

狙いました。露出はアンダーで狙いましたが、白は飛び、数秒後には

カモメは飛び去ってしまいました。

これ、生き物が相手ですから、10秒以内に判断して、カメラを操作して

シャッターを切る…の鍛錬だと思ってます。成功あり、失敗あり。

写真ってこれを繰り返してうまくなっていくんでしょう。

また言いますが、勉強もいっしょ。

5年前とかに旅行で撮った自分の写真を見て、

「単に記録なのはいいけど、伝わってこねえな。下手」と思いますもん。

いや3年前の写真でも同じかな。

この色と光とそのレアを感じる鍛錬の原点はこれ。

小樽運河のカモメ

小樽運河。この写真を見るたびに白鴎や鴎友を思い出します(嘘)。

いかにも、なのでイージーでしたが、

あまりの観光名所でとってつけたように、しかも1羽じゃなく2羽。

カモメは並んでとまる習性があるので、確率は低くないのですが、

「!」と受け止める頻度をどれだけ上げていけるかが「風景写真」だと

思ってます。

それでもトリップアドバイザーに「できるだけありふれていない写真」

「でもその場所の特徴をおさえた写真」を100枚投稿して、

つい先日、初めての「いいね」をいただきました。

トリップアドバイザーに「いいね」なんてあるんだあ…。

札幌テレビ塔から撮った雪まつりの雪像とか、天保山の観覧車から見た

あべのハルカスvs通天閣とか…。

ベースに流れているのはそういう奴です。

話を戻します。

また明日の夜の更新から、入試分析を再開します。

ほぼ全校(まだ結果が公開されていない学校もありますが)

受験者数を俯瞰したところで、

どこへ突っ込めばいいか、どこを分析すればいいかは

見えてくるのです。

受験者数の集計って、実は前段なんですね。

これをニーズのある学校だけやろう、というのはムシのいい道筋。

可能な限り全体をつかまないと部分は見えてこないものです。

受験者数の増えているタイプの学校の特徴は何か。

それは一時的な人気なのか、将来有望を示すのか。

その数字で何を見極めるか。

これは「過去のパターン」も含めて10年以上見ていればこそ、

だと思ってます。

「この学校、前年比140%ってすごいよね?」

いえいえ、この学校は4年連続減少が止まっただけですよ。

ことしの数字はピークの82%に戻っただけなんですよ。

なんてね。

<ブログの下書きをした翌日>
再度チャンスがあったのでカモメ狙い。

若干加工しましたが…露出アンダーでいい具合じゃないでしょうか。

カモメの白

有言実行というパターンもあります。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
募集困難校のラインはことしまたさらに上昇? 入試分析をしばらく続けます。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する