FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

データに飽きたかもしれないのできょうは…これがまた、ねえ。そうでしょ?
1都3県の受験者数、埼玉までひと通り終わりました。

どんな入試だったかは、これから、なんですけど、

だいぶ飽きがきているかもしれませんね。

以前にも言ったように、自分は数字を追いかける(並べる)ことに関しては

まったく苦じゃないもので、行け、と言われれば、

ノンストップでやります(笑)。

結論が出るまで片時も休むな、というご意見もありましょうが、

ブログですので、このままでいいのかな?

と思いましたので、ひと休みします。

2月も下旬、ブログは平常の土日モードがやってきているように

思いますから、土日は軽め、に戻したほうがいいのかもしれません。

日々、家事も含めて激務をこなされている保護者の方々におかれましては、

週末までシビアすぎる話、読み取りにくいデータを連発されても、

「もういいや」と思われるかもしれませんから。

なんて、すでにちょっと匂わせましたが、完全趣味でやっているわけじゃない

限り、ブログにもある程度戦略が必要です。

「たくさんの皆様に読んでほしい」

これは多くのブロガーの願いなのではないでしょうか?

だったら多くの読者に役に立つ話を書けよ。

その「不特定多数の」読者に役に立つ話、がわからないから苦労するわけです。

自分は面白いと思うんだけどなあ…。

それはあんただけでしょ。

ままあることです。

常に主観と客観の間を行きつ戻りつ、ですね。

でもその鍛錬がけっこう重要じゃないのかと思うんですね。

人間の性格って飽きっぽい、集中力がないってのがあると思います。

勉強においてもね、この要素は重要です。

ただ思うのは、この2つ対立軸ではないんじゃないかと。

好きなことはいくらでも続けられるけど、嫌いなことは全然続かない。

世のブロガーにもそういう人、いるみたいですが。

始めておいて、もう飽きた。

さてはさほど好きなことじゃないのに始めたな?

じゃあ好きかどうか。これは自己肯定につきると思います。

上手にできている、という自信が少しでもあれば、好き、

に変えられるような気がします。

だ・か・ら、勉強もいっしょ。苦行だと思ったら続かないです。

というわけで自分は物理はニガテ科目です。

でも恒星の絶対等級には興味があります。

小6ぐらいのときに野尻抱影氏の本を買ってもらって

むさぼるように読みました。アンドロメダM32星雲の距離が

違ってました。何光年だったか忘れました。

いやいや。

そんな40何年前の記憶を唐突に思い出してもしょうがないです(笑)

野尻センセの名前も40何年ぶりに出たなア。

生粋の第一期ウルトラ世代なのでお許しを。

脱線しますね。

ブログです。

わが子の受験が終わったので、ブログも閉じるのもひとつの生き方。

受験が終わっても、後世の人のために何か残そうと画策するのもひとつの生き方。

何か残そうなんて思わなくても、ここまで上昇したアクセスがもったいない

と考えるのもひとつの生き方。

中学受験ブログは終わっても、ほかのブログを書く、自分は生粋のブロガー、

そんな生き方もあるかもしれません。

でも、何も終わらないのに面倒くさくなるのか、忙しくなりすぎるのか、

途中で終わってしまう人がいるようです。

始めない人は終わらない。

どのぐらいやっとくかを考えずに始めるのかもしれませんし、

途中で予期せぬ事態になるのかもしれません。

ブログランキング。

ブログ村の登録は88万ブログだそうです。

このブログは現在、全ジャンルのブログ中、4500位レベル。

自分の中では肯定できるポジションです。INポイントですけどね。

88万あるなかの4500。

1位なんて気の遠くなるほど先。

どんな人のどんなブログかも興味ありません。

自分を抜き去ってきたブログ、追い抜いて行ったブログは気になる

ところです。自分も他のブロガーをそういう目にあわせて

いた可能性も否定しません。

自己肯定ついでに言うなら、10000位以内にあと2本ブログを持ってます。

受験とは全然関係ないブログ。

知りたくもないでしょう(笑)

そうやって全体を俯瞰することが好きです。趣味かなあ。

バスに乗ると常に後ろの席を志向するタイプ。

教室でも最後列が大好き。これ近視だと違う道になったりするんです。

老眼はそろそろ来るんでしょうか。まだ来てません。

きょうは脱線する日だからいいんです。

日々の生活のバランスの中でブログ書きが息抜き、

そんな保護者ブロガーもいるでしょうし、本業で似たトーンのものを

されていて、個人ブログ、受験ブログなんか苦でもない、

という方もいらっしゃるはずです。

で。

で、途中でフェイドアウトしちゃう方々や、急に本気になる方々は

そんなさまざまな発信者の中で、楽しんでいることを

把握してブログ書いているのかなあ、と思います。

単刀直入に言うなら、不熱心でもいいから、周囲のブログをたまに読め、

です(笑)

正直言ってブログ村の「中高一貫校ブログ」で1位を取ることに価値はない

と数か月前に気づきました。そこに気づいてからアクセスは伸びました。

ねえ。

ブログ村でもアメブロでも主旨はブロガー同士の切磋琢磨なわけです。

競争させて相乗効果を得よう、というコンセプト。

いいねえ、それ。競ってみよう、と思うから参加する。

そう、鍛錬してみよう、とね。

最初の頃、ブログ村のoutポイントがinポイントより異常に多いブロガーが

中高一貫校ブログの上位におりました。

その方はinポイントを捨てているか、outポイントのみで勝負しようと

思っているのかもしれません。inポイントは一応「支持」のバロメーターですよ。

それは要らないのかあ。

いまはoutポイントでもだいぶ下のほうになってしまいました。

その方が全体を俯瞰できているかどうかは、この際、問題ではありません。

たかがブログ村でもいろいろな各人の戦略が交差して、高めあう場だと

思ってます。だから半年も見ていると、in/outのバランスを見るだけで

そのブロガーの力量と友だちの多さ(笑)と××の××(とりあえず企業秘密)

がわかりますよ。

そんなもんです。

経験値が花咲くのはいいかげん年寄りになってからだなあ、と最近つくづく

思います。30代の頃なんて

勢いこそあれ、経験値なんて全然有機的に結合していなかったもんだ、と。

きょうは最後はカラスの写真。

カラスと白


なぜカラスの写真?

どこにでもいる?

その答えは明日、ここに書きます。

きょうはほんとうにダラダラ書いて失礼いたしました。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
募集困難校のラインはことしまたさらに上昇? 入試分析をしばらく続けます。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する