FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

難関大実績=MARCH実績と信じてよいか→PART1
一週間おきの更新ではこのメルマガの流れのテーマがとぎれとぎれになってしまいますので、

この機会にイッキに続けたいと思います。

前提として知っておくべきこと、もいくつかフォローしてみたいと思います。

直前エントリー「22」の定義編でもふれたのですが、東大に多くの合格者を出すような上位校ほど、

現役進学率は高くなく、そしてその浪人生はMARCH合格を報告しない傾向があります。

学校が公表する合格者数を「公式」「オフィシャル」とするなら、

世間の調査会社が拾った数字のほうが多いことがよくあります。

一部のデータは大学側が出身校別に集計、情報提供しているためです。

この事実が何を指示しているかというなら、現役時は東大(もしくは難関国立大)を第一志望にするのが

校風のようになっている学校があるからです。言い換えれば現役のときから、ひよってMARCHなんか受けない。

受かっても行かないから。

(モチベーションが高いのは重要なことですが、その程度はいつの時代も難しいものです)

こんなムードは昔も今も変わらないようです。ところが一旦、現役合格に失敗してしまうと

「もう後がない」という意識が働き、受験する大学の範囲を広めにとることになります。

1年頑張って、やっぱりそれなりの志望大学へ合格する受験生(卒業生)が多いのですが、

彼らはその際に、多量のMARCH合格を残していくのです。

継続的な集計を取ってはいませんが、MARCH合格に対する、進学割合を学校ごとに見ていくと、

モチベーションというか、プライドの高さも順位づけできるというわけです。

つまりMARCH合格者の浪人比率が高い、学校は、

高望みしてまで国公立志望を貫いている、というわけです。

機会があったらその数字を出してみますが…あんまり役には立たないでしょうね、

MARCHクラスがふさわしくない学校、ということですから。

早慶上智合格率>MARCH合格率と見れば、そのタイプはすぐ見抜けますね。










にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

続メルマガコラム | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する