FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【学校別受験者数2016】東京・共学校編
東京・共学校、です。

なんか表面的には「ほんとうに受験生って減ってる?」

そんな感じがしますね。

学校別受験者数東京共学校


(注)帰国生入試の受験者数は含んでいません。

【学校別受験者数2016】東京・男子校編

【学校別受験者数2016】東京・女子校編

でも、増えている学校のほとんどは、午後入試等々で集めている学校ばかり。

2/1実施で入試回数3回以内で初回の占有率が高いのは、

中央大学附属、成城学園、日大第二、成蹊などの付属系の学校ばかり。

裏返すと、第一志望度が高い、というより併願候補に入らない、

とも言えるのでは???

これは偏差値に置き直さないと、「お手軽な共学校リスト」に

なってしまいそうな気がしますね。

確実にこういった「お手軽路線」に一定の反応があるのは

事実なようです。

確かに「まあまあ」の学校探しも重要なんですけどね。

<掲載校>=広尾学園,国学院久我山,渋谷教育渋谷,青稜,東京都市大学等々力,東京農業大学第一,慶応中等部,開智日本橋学園,淑徳,明大明治,法政大学,宝仙学園理数インター,安田学園,桜美林,かえつ有明,中央大学附属,青山学院,成城学園,東京電機大,日本大学第二,順天,明治学院,成蹊,文教大学付属,早稲田実業,東洋大京北








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
募集困難校のラインはことしまたさらに上昇? 入試分析をしばらく続けます。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:30:54 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する