FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【千葉中学入試2016】例年になく、わずかに動きが出たのは東葛飾の影響か?
だいぶ遅くなりましたが、きょうは千葉の受験者数の前年比です。

千葉の場合は有力校の入試日程が分散しているため、急激な変化は起きにくい

事情があります。

また各校の入試回数も東京などと違い、際限なく増えたり、午後入試を新設したり、

ということもないため、1都3県ではもっとも無風に近い、と言えます。

そして中学受験熱が高い地域は西側に偏っていますから、県内全域で

中学受験が盛り上がる、ということもないのです。

それを踏まえて、前年比を見てみます。

20160217千葉男子主要
20160217千葉女子主要


女子は「微減」というよりはやや増加の学校が散見されます。

これは県立東葛飾が中学開設をしたためだと思われます。

東葛飾だけで女子は572名の応募者がいましたので、その3分の1が

私立と併願したとしても、各校に大きな影響があったものと

考えられます。

特に常磐線沿線の私立中学には千載一遇のチャンスだったでしょう。

ここで乗り遅れている学校は、かなり危ういかもしれません。

後日、公開します、学校別総受験者数の推移に注目ください。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
募集困難校のラインはことしまたさらに上昇? 入試分析をしばらく続けます。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する