FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

各日程別受験者数と学校ごとの総受験者数について
ことしは従来とパターンを変えて、日程別に受験者の増減を見てみました。

あるとき、編集部内で

「志望度の高さはなかなか測れないが、1回しか入試を実施しない学校では、

複数回入試の学校よりも、第一志望の受験生が含まれる比率は高いはず」

そんな話が出ました。当然です。

「じゃあ、各校の初回の入試だけを評価したら、人気度が測れるのでは?」

なるほどもっともです。

もっとしつこく数値化するなら、初回入試受験者数÷総受験者数の値でしょう。

そこで、受験者数が1000人を超えた学校に限定して、集計してみました。

tyo_over1000.jpg

もちろん併願タイプでも豊島岡のように優秀な進路実績の学校は存在しますが、

初回÷総数が20%を切る学校は、やはり初回入試に自信がないのかもしれません。

つまりここで「午後入試を新設して総受験者数が伸びた」と言ったところで、

受験者増に反比例して、志望順位の低い受験生が増加してもヨシとしているわけです。

かつての鴎友学園、そして最近の本郷のように初回入試=2月2日から、

初回入試=2月1日に繰り上げることで、総受験者数は減っても、

志望順位の高い受験生に来てほしい、というこだわりとは

逆に進んでいる学校もあるということになります。

時間があるときに3年推移ぐらいで、この数値をしっかり追ってみようかとも

思ってます。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
募集困難校のラインはことしまたさらに上昇? 入試分析をしばらく続けます。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

入試結果分析2015-2016 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する