FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【学校の見極め】某女子校→仮説から確信に変わる過程=最終回=
昨日までの話は過去形の話です。

いろんな取材があってもいいのです。顧客がそれで満足しているのであれば、

プロは仕事をすべきです。

でも、体質というものは恐ろしいものなのです。

夏を前に、編集部を離れることが確定的になり、サイトもいずれ閉鎖になることが

決定されました。15年も面倒を見てきて非常にもったいないのですが、

会社の決定なので、もうどうこうありません。

閉鎖する予定のサイトに基本的に後任は置かない。

いちおう形だけの後任はいるんでしょうけど、経緯も内容も理解していないし、

する気もない。

その時点では外部に出ても、発注があれば自分の育てたサイトですから、

関わる気満々でしたが、

「それもない」

とにべもなく言われてしまうと、もう割り切るしかありませんね。

そんなタイミングで、前述の女子校が「ことしも同じ企画に申し込みたい」

とオファーしてきたのです。

自分は後任のことを思って「断ったほうがいい」と伝えたのですが

営業のスタッフは「断れませんでした」

「取材に行ってもらえますか?」というので、前回ですら取材が成立していないのに

「無理だ」と固辞しました。

結局はなんとかなったみたいですが、代理店にしてみれば

「予算を組んでいるので、相手の取材者の事情で変更する気はない」

という主張です。

ちゃんとしたものを制作することより、体面や仕事をしているふり、が重要な組織である

ことはここまで読まなくてももうおわかりでしょう。

仕事の世界にはさまざまな大人の事情があって、バラさないほうがいいことも多いのですが、

一昨日の記事から再度読み直していただくと、最初の2つのエピソードで

結末は見えているのです。

なるべくしてこの結末に至っています。

これが「広告の仕事」ですから「そんなこともあったねー」で済むと思うのですが、

入学した受験生がこの学校にもしも過度の期待を抱いていたら、この取材記事は罪です。

もちろんそうならないように意図しましたから、多くの受験生はスルーした結果の

入試結果となっています。

でも100人近くの受験生は「公立一貫校を第一志望としている」一団だったようです。

さあ、この100人が「度胸試し」だけで、入学意思がゼロだったのかどうか…

たった1人でも思い違いをしていたらと思うと、本当に悔やみきれない思いです。

まあ、どんな学校に入学しても、伸びる伸びないは本人次第、ということで

さっさと次の話題へ行きますか。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
徐々にことしの中学入試がどんな入試だったか、おぼろげに見え始めました。分析までもう少し時間をください。17年以降の受験生必見の記事を連発しようと思っています。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ



関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する