FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【学校の見極め】某女子校→仮説から確信に変わる過程=第二回=
15年間、プロデュースしていたサイトがあったことはこのブログで何度も書いたと

思います。そのサイトで私立中高一貫校をクローズアップする企画をいくつか考えました。

そのひとつが当時「小保方ブーム」でリケジョがもてはやされていたのにあやかって

「理系女子を育てる女子校」特集でした。

その最初の一校に、先の女子校が希望してきたのです。厳密に言うなら、別の企画と

抱き合わせで申し込んできたわけです。

最初の一校なのでとりあえず、対応しないとその先もありませんから、先方の意向を

探りました。なにせトップ100にはるか遠い学校が「理系女子育成に力を入れる」

というのですから。

しかし、意向をつかむ前に「取材日を決められてしまった」のです。

取材の内容が決まらないのに取材日を決めるって?

先生のスケジュールを押さえたので○月○日に学校に行ってくれ、と。

しかし、当日同行した代理店の人間も企画の経緯を知らず、出てきた若手の先生も

趣旨を理解しておらず、散々なことになりました。

もちろんこちらはある程度読んでいたので、カメラマンもライターも連れずに

打ち合わせをする心構えで学校に向かったのでした。

先生いわく「理系教育ですかあ。ちゃんとやってますよ。」

何も具体的な材料がありません。

本来なら理科の実験授業でも見せてもられば、体裁が整うかとも思うのですが、

そういう準備もなし。

理科系の部活の話もしましたが、学校の環境が自然に恵まれているとか、

インパクトのない話ばかり。生徒の発表の成果物とか具体的な資料もなし。

さあ、困りました。どうやって取材記事にまとめる?

結局はパンフレットに書いてある内容で、それに先生のコメントを

それらしく追加。あとは生徒たちの白衣を着た実験授業の写真を並べて

記事を作りました。

すると代理店の側からはこんなリアクションでした。

「だいたいこれでいいけど、先生のコメントは削除してほしい」

この仕事を定価の7割引で受けてしまう、営業スタッフとは

信頼のおける仕事はできないな、と痛感してしまったわけです。

これでカメラ、ライターを連れて取材していたら、大赤字です。

全部、自分で書いて自分で交渉、デザイン打ち合わせ。

出来上がった記事は

「難関大合格を目指して選抜クラスが頑張ってる。理系教育もばっちり!」

でも理系女子の前に、どう考えてもMARCH実績なんですけどね。

(まだ、続く)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
徐々にことしの中学入試がどんな入試だったか、おぼろげに見え始めました。分析までもう少し時間をください。17年以降の受験生必見の記事を連発しようと思っています。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ



関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する