FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【学校の見極め】某女子校→仮説から確信に変わる過程=第一回=
まだ完全に時効ではないので、校名の公表は現時点では控えます。

いずれどこかで書くつもりです。

一応、この女子校の入試状況をチェックしていました。

昨年並み、というカンジのようです。

大きく減らしていない、というのは「しっかり仕事をした」という結果と

受け取ることもできるでしょう。

最初にこの学校に良くない印象を持ったエピソードは2つあります。

きっかけは2つありました。

ひとつはこの学園のトップから、当時の編集部の属していた部署のNo.2の人物に

「御社のサイトの進路実績グラフのコーナーに本校も掲載されたいのだが…」

という打診があったのです。

進路実績グラフは300有余校のなかの上位100を判定して掲載している企画ですので、

そのボーダーにはるか届かない学校は対象とならないわけです。

別に広告企画としてその100に混ぜ込むことは可能でしょう。

何ならベスト100校とタイトルをつけつつ、その1校を混ぜ込んで知らんぷりすることも

可能です。ただし、数字に嘘をつくことはできません。

掲載されているあらゆる学校より劣った実績を世間にアピールする結果になるわけです。

直接担当者に連絡をいただければ、少々単刀直入に過ぎる可能性はありますが、事情と

対応をその学園トップの方にご説明するでしょう。でも他人を介していますから

「あれ、無理だってさ」と拒絶する結果になるわけです。

ふたつめはその学園が指定した代理店。大学を持っている付属中高ですから、学園全体の

広報戦略を担当する広告代理店が存在しています。

あるとき、その人物から、「いい話があるから、聞きに来い」という連絡がいきなり

ありました。自分とはまったく面識のない人物です。

しかも、ちょうど多忙な時期でしたから、これも「また後日」と拒絶しました。

これも「いい話」の内容をどうとでも繕って、相手に興味を持たせればいいだけなのですが、

「いい話聞かせてやる」という態度にカチンと来たわけです。

彼らは編集部のとなりのセクションに大学の広告を出してやってる、という意識がありますから、

「あいつら、おいしい話には食いつくだろう。その見返りに何かしてもらえばいいさ」

そういうことです。

それから5年、再び事件が起こりました。

…長くなりますので、続きは明日。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
徐々にことしの中学入試がどんな入試だったか、おぼろげに見え始めました。分析までもう少し時間をください。17年以降の受験生必見の記事を連発しようと思っています。応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ



関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 21:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する