FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

chu-jメルマガコラム継承(1)MARCH実績突出注意報
細かく分析していくと時間がかかるかな、と思いつつ

ぱっと整理してみました。

まず国公立大20大学の合格者比率(卒業生数に対する現浪合格者の割合)を

10%以上の学校で分類してみるとこういう分布になります。

それぞれのグループに対して「早慶上智」vs「MARCH」の比率を見ていくと

別表(1)のようになるわけです。

難関大合格者分布01

↑別表(1)

簡単に言えば国公立大にたくさん合格者を出すような学校は、MARCHクラスよりも

早慶上智を志望する高いレベルの学校である。

逆に言えば早慶上智はムリ、国公立なんてちょっとムリ、という学校は

MARCHクラスならなんとか、となります。そのMARCHクラスならなんとかの

割合が極端だったらどうでしょうか?

残念ながら国公立大10%台の実績校には「なんとか」の割合はそこまで極端な学校は存在しないようですが、

これを国公立大3%台まで下げていくと「早慶上智」>「MARCH」のアンバランスがどんどん

進行していきます。

ここで進路実績を作りすぎでは?と感じるのは、そこまでMARCHクラスの合格者が出ているのに、

それだけの層の厚さがあるようでいて、早慶上智クラスにレベルアップできてない

理由は何だろう?という話なのです。

国公立大10%以上の学校の早慶上智:MARCHの平均比率は2.05で、国公立大志向が強まるほどに

早慶上智>MARCHの学校が増えていきます。いっぽうで国公立大合格率3~10%の79校の

早慶上智:MARCHの平均比率は3.15、早慶上智合格力が不足しているわけですから、いたしかたありません。

その中で比率が極端な学校が別表(2)になります。

難関大合格者分布02

↑別表(2)

★は(1都3県)上位トップ100にランクインしている学校です。

純粋に過渡期であり今後に期待、という可能性もあるのですが、それにしてもMARCH依存が強い学校ばかりです。

ここに「広報戦略」が絡んでいたら、どうでしょうか。MARCH実績は伸びていて当たり前、を

知らないとつい「頑張っているなあ」と単純に感心してしまいますが、この中には

かつてもっと実績上位だった学校も含まれているんですね。

今日の結論→実績伸長校はもはや「MARCH」では語れない、逆にMARCH伸び過ぎは疑うべき

ですかね。










にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

続メルマガコラム | 21:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する