FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【定期外更新】1/31のアノ記事。すべての情報の咀嚼のしかたにも通じるかも、ってコトです。
いくつか「定期外更新」のテーマがたまってきて、どうまとめようかと思案しておりますが、きょうはこんなところから。

「今更もう遅い」なんて、言わないでくださいませ、大事なことだと思うんです。

1/31の午後7時過ぎに記事でこう書きました。

1/20あたりから急にPVが伸びているけど、もし小6の保護者が急にブログ読み始めたのなら

体に悪いことこの上ない。そんなバタバタした態度のご家庭は、

受験うまくいかない。志望校に落ちるよ。


はっきり言い切るのもどうかと思いましたが、「今はこの記事読むな」と

書かれると読んでしまうのが人間の心理です。

まあ、この日は多くの人に読まれてPVが上がりました。

物事はすべて受け取り方です。

わが子の受験が心配で心配で他人様のことが以前よりも気になって気になって

しかたない…で急きょネットを漁り始めたのなら、文字通り、

そんなリスキーな行動とってて自覚がない人は

モノゴトうまくいかない。

全体を俯瞰する目線がナイ、ということなんですが、

ちょっと違って、

うちは精一杯やった。もうこれ以上できない。うちのつくした精一杯のベストと

他人様のベストはどれだけ違うんだろう。もし違ってもマネなんかできないけど

今後の参考までに知りたいなあ…。

たぶんこれは全然違うと思うんです。

2/1のPVの内容が実際にどうだったかは知る由もありませんが、

書いた後、自分でも気づかなかったのは、

「入試が終わるまで読むな」

に対する角度(←うまく表現できないのですが)は刻一刻変わるのかと思いました。

この1/31更新の「いま読むな」の記事を2/2に読んだ場合、2/3に読んだ場合。

厳密にはまだ全日程終わっていないきょう2/4に読んだ場合で、

心境は確実に変化しているはずです。

これを自覚できたらいいんじゃないでしょうか?

さらに大事なことは

「終わったことを今更言っても結果は変わらない」

と思うか、

「中学入試は終わったけど、また自分もわが子も人生の別の場面で活かせるかも

しれないので、反省だけはしておこ」

というのでは、今後が変わってきますよ。

応援クリックボタンの高崎山ゾロメに込めたのはその思い、なんです。

本日○時の時点で、人生は終了しました…という過去形でない限り、

すべての時間は未来に続いていきます。

(宗教的にはそうでもないと思いますけど…)

編集部にいたときに、保護者の受験体験アンケートを読んでいて

ものすごく熱心に書き込んでいる方と、図書カードがほしいだけの方がいました。

「終わったことは忘れる。気分転換。引きずらない」

でもリセットすることと、学習しないことは違うと思います。

中学受験は苦しかった思い出だけで、早く忘れたい。

そんな人は中学で開成に落ちても、高校でリベンジしたくなるのです。

そしてまた3年間苦しむ。

高等学院にまた3年後リベンジしたくなる。早稲田にどうしても入りたい!

そういう方は実際にいらっしゃいますので、そこは人それぞれの部類、

と片づけますが、

もっと偏差値の低い学校で、それはないんですよ。

校名に他意はないんでそこはスルーしてほしいですが、順天や青稜に

ご縁がなくて、高校で都立の押さえ、併願校にしようと思ったら

高校受験ではそんなに偏差値高いの?

これを2年後に気づくようでは、人生、失敗の連続です。

自己嫌悪になるから「悪いことは忘れる」主義、に陥るわけですね。

あれ?きょうも最後がなんだか毒っぽいですか?(笑)

キタシロも困ったキャラですわ。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
入試期間は本人も保護者も消耗しますが、全日程が終わるまで集中、あるのみです!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 10:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する