FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

単なる思い過ごしか、このカテできつくないか、判断できませんので。
いまひとつ確信が足りないのですが、北城の思い違いであることを

半分祈りたいんですが…。

某所でうちのブログの読者がひとり減りました。

まあ、途中で読者が減ることぐらい、日常茶飯事ですけどね。

読者全員のニックネームを把握しているわけでもないので。

ふと思ったんです。

ランキングの上位にあったあのブログ、どうしちゃったのかな?

当ブログよりアクセスを集めていたブログでした。

それがあるとき、突然消滅する。

おかげでランキングがひとつ上がったわい。

そんなこたあ思いません。

以前、書きました。

保護者ブログはどういう意図で更新を続けるのか。

書き手たる保護者本人のためか、それとも何か別の意図なのか。

でも1/20ぐらいに突然、姿を消す、ということは

自分のために書いていたブログだったのでしょうか?

その志望校合格への苦闘の過程が、第三者を励ます、

そんな意図はきれいごと?

ここでそんなことを推測しても始まりませんが、

数々の想定される選択肢の最悪のケースを想像して、

胸がつまりました。

どんなストーリーを辿っても、ハッピーエンドにたどりつく

シナリオが読みたいです。

少々胸を張って「ハッピー」と言えなくても、

「これでよかった」というハッピーこそが素敵だと思いません?










にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
さあ、いよいよ2/1東京・神奈川の解禁を待つばかり。気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する