FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校はひとりでも多くの受験生に来てほしい。それだけしか考えてない???
入試改革の話、デリケートな部分を少しずつ。

2科4科入試、午後入試とどこかの学校がそれで受験生を集めると、

すぐに翌年、追随する学校が出ます。

当然のことですが、生徒募集に課題の多い学校ほど、追随します。

入試改革もいいですが、教育の内容をしっかり見直して、

少なくともMARCHクラスは普通に右肩上がりにしておいて、

入試をいじってほしいところですが、その順序がどうも違っている

学校も多いのです。

まあ、それは改革の成果が表れていないからすぐわかりますけど……。

情報誌の見出し的に、「入試がこう変わってきた」「各校はこんな工夫をしている」

という事柄がまだいくつかあるんですね。

そのうちのふたつは「当日発表」と「インターネット発表」。

学校によっては「当日インターネット発表」も実施しています。

また「当日出願」の学校も多いようです。

インターネット出願はまだまだ普及していませんが、

そのうち「インターネット経由で当日朝出願」というケースも出てくるんじゃないでしょうか。

受験票に写真が貼られていなくても受験できる学校も登場しそう。

そうまでして受験する側に「ハードルを下げて」いるかのようです。

入試問題のハードルを下げるのではなく、

(学校によっては「入試問題研究」と称して、事前に受験生を集めて対策をアドバイスする学校もあるのですが)

軽い気持ちで受験できるようにさまざまな工夫がされているように思います。

合格後の入学手続金は発表の翌々日までに入学金25万、などという学校はまだまだ主流でも、

その学校が第一志望でない場合、第一志望の結論が出るまで1週間程度は払い込みを待つ

学校や、いったん払い込んでも後日、一部もしくは全額返金に応じる学校も少なくありません。

入学の権利をキープするために数十万を捨てるのは、保護者にとって厳しい選択で

あることは間違いないありませんから、この部分をうわべだけの改革、と断ずるつもりはないんです。

しかしながら、あまり保護者の便利に寄り添いすぎると、それこそ

「どうしてもこの学校じゃなきゃいけない」「こんな教育を受けたいから中学受験をする」

といったこだわりがどんどん希薄になってしまうような気がしますよ。

以前広報の姿勢を数値化するために、受験生の集まり具合と、アンケート回答の迅速さの

相関を調べたことがありました。

あまりに笑い話だったのでこれはこの年、一度しかトライしませんでした。

でもまあそれなりの結果が出ました。

同様に、学費(初年度納入金)と進路実績の相関をデータ化したなら、

これも「高かろう良かろう」派と「安かろう悪かろう」派にきれいに分離しそうな気がしますね。

世間一般のさまざまな消費財同様、安くてもその程度の品質なら満足する、という消費者と

少々高くても質のいいものを求める消費者と二手に分かれるのでしょうか、学校選びも。

まあ、問題は私立中学受験そのものが「高くても質の良いもの」を求める消費行動だとするなら、

その中で「お手頃」「お買い得」を探すのは単なる勘違いかもしれません。

そんな本末転倒に踊らされる中学受験志望者。

国会で、消費税の逓減問題で紛糾している「か」のようですが、

税金は確実に取っても文句が言えない層を狙ってきます。

なぜかそれが中学受験に重なるのです。

「過度な入試改革は地雷」の法則だと思ってます。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
千葉入試が佳境。それが終わると2/1から東京・神奈川解禁です。 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する