FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ブログ主としては今はがっかりしています。でもそのうち慣れるかもしれません。
何やら叱咤系のネタのときのPVの伸びがいいのはなぜでしょうか?

人気上位記事の冒頭で、読むか読まないか決めている読み手が多いようです。

まだ本質がわかってないと見ました。

もちろん、データ系のネタばかりでは息が詰まるので、個人的な話題も

ちょいちょい混ぜますが、特に暗記の手法の話は反応が鈍かったですね。

記事公開時に「3つのR」と脱字して「3つR」と書いてしまったことが

決定的だったのでしょうか(苦笑)。

この暗記の手法、いいかげん大人になって、

自分が仕事で学校名を覚えたときにもばっちり使えた方法ですから、

何にでも応用が利きます。

対象が10、20はもちろんのこと100でも200でも500でも

やろうと思えば覚えられます。

「やればできる」という自信(過信)が重要だと思うんですよね。

そうそう列車の型式とか、スポーツ選手のデータとか、動物や植物の名前とか。

でも、自分にはできない、関係ないと思った時点から、

インプットされなくなっていきます。

これらが取り立てて珍しい話ではない、すでに知ってる話…

ということであれば問題ありませんが、

役に立たなさそう、とシャットアウトした時点で、何も入ってこないものです。

強制はしませんよ。

強制はしません。

たぶん学校選びに興味のないご家庭って、そこが違うんだと思うんですね。

中学受験を「成績」「偏差値」で語るのはナンセンスだと思うのです。

でも「受けない学校の情報はいらない」と感じてしまう…。

保護者ブログでは軽々に学校名を具体的に書きづらいのは理解しますが、

それにしても読んでいて「こっちの学校と、こっちの学校はどっちがどうだろう?」

という話題にはあまり遭遇しませんね。

根を持つようで恐縮ですが「駒場東邦」という超進学校を

「なかなかイケてる」なんて表記は常識的にはありえないわけですから、

人間、守備範囲の外はシャットアウトなんだと思うのです。

これを入学後のわが子に当てはめてみたらどうでしょう?

中学入学の時点から、保護者の価値観から脱出するとは思えないわけです。

地元の公立中学とは違って、せっかく、いろんな地域からいろんな生徒さんが

集まる環境で、守備範囲内、守備範囲外をいちいち分別するようでは

それこそ高い学費がもったいない。(公立一貫なら違いますか)

さて、ごく近い将来、公立中学へ進学せず、なんとか志望の中高一貫校に潜り込んだ

わが子はどんな「学校での話」をしてくれるでしょう?

え?反抗期で親子の会話がないからわからない?

そういうもんでもないと思うのですが。

親も必死の思いで受験をすませたあとのわが子が、これまでの守備範囲外から

何を持ち帰ってくるのか、楽しみにしたいものです。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
千葉入試が佳境です。それが終わると2/1から東京・神奈川解禁です。 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する