FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【入試直前のリアル混乱】2017入試のために見逃さない!
ことしの埼玉入試の結果分析も並行してやっていきたいと思うんですけどね。

それにしても、かなりがっかりな感じです。

まさか、年が明けて「なぜ中学受験をするのか」のそのご家庭としての理由がないまま、

本番に突入するなんて!

「なぜ中学受験をするか」というテーマに関心が集まるのは、

理由を持たない人が多いからなんですね~。
それじゃあ、もし万が一失敗したときに活かせない。

そりゃ成功すればいいんですよ。

問題はその時点で表面化しないから。

とにかく中学受験で重要な項目は多々ありますが、

わずかに最重要なのはやっぱり「保護者の覚悟」ですね

受験生の覚悟じゃ決してない。

これが決定的に欠けてると思えます。

もちろん昔からそういうタイプはいました。

でもブログという方向から見渡すと確実に「なんとなく」受験派が

増えてますね。


増えてなければそういうブログが浮上することはありません。

「怖いもの見たさ」で読まれるブログもなくはないですが、

読者の一部は、「そうなんか、うちも同じ」と共感していると見ます。

前述したように志望校合格でその保護者の覚悟レスは一旦消えるんです。

そこんとこがその後の何年かで突然再浮上すると思いますよ。

今まで何をしてきたんだろう???って。

なんとなく中学受験(受検)を決めて、

それまで段取ってきたんだから降りられないと意地を張って、

直前ジタバタして、なんとかどこかの中学に潜り込んで、

安心する。いつ爆発するかわからない時限爆弾。

親の自覚がなくても、早いうちに本人が起爆装置を外せると

いいですね。

いずれにせよ一部の学校も結構テキトーですから、これらが掛け合わされると

入学後に問題が起こる確率も高まるんでしょうね。

自分たちで蒔いた種、みたいですね。

きついけど。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
埼玉入試に続いて千葉入試もいよいよスタート! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する