FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クルマは急に止まれない。「保護者の覚悟」は急には形成されない。
なんとなく昨日の続きになっています。

まだ1月。もう1月ですが、やっぱりまだ1月です。

時間は少しですけどあるのです。

ここんとこの記事は小5以下の保護者に対して、

もし自分が小6の保護者だったら、いまさらなことをどう受け止めるか、と読んでほしいのです。


小2、小3の保護者も同様です。それが保護者の中学受験サポート力養成ギプスです。

あれれ、ちょっと難解な例えですね。

さて、

しかし、受験が終わっても

わが子が入学する中学の正式名を間違う保護者さえいます。


桜蔭学園って、それは法人名でしょ。

松任谷由美でも違和感のない方々。

これはすべてにおいてさもありなん、だと思いますね。

受験と受検もいっしょ。

公立中高一貫受験と書くのは、まだカウントダウンまでに

時間がたっぷりある人でしょう。

ところで、ブログってホンネを書くものではないですよね?

違います?

自分は違います。けっこうホンネを書きます。

おかしいですよね?

え?そうじゃないって?

ホンネで第一志望は都立中学、とか言っているわけですか?

まさか6年生ではありませんよね。

このブログを読まないのは結構ですが……。

あのうご存知ないかもしれませんが、「都立中学」という校名の学校は

ないわけです。


進路実績も校風も私立ほどではないにしろ、けっこう違います。

え?学費が安ければどこでもいいって?

そんなホンネは聞きたくありません。

でもって一浪して私立大へ進学するんです?

それでもトータルの学費は都立中学とやらに進学したほうが

少しは安上がりですね。


そこもまあよくご存知で。

でも、全員が志望校合格を果たす必勝法なんて存在しませんよね。

かつてほどじゃないにしろ、都立中は私立の何倍も不合格のリスクが高い。

実は年が明けて各ブログのトーンはこの部分、変わってくるんだろう、

と読んでいました。

まさか、直前一週間で

「心配だから形だけでも私立受けておくか」

なんて言い出しませんよね?

せっかく「学費安い」で「受検」を決めたのに、

高い学費の地雷私学へ入学します?

しませんから、ね?

実は当然ながら、毎年この時期、学校のアンケートの集約に奮闘していて、

保護者の心の揺れとリアルタイムで向き合うのは初めてなんです。

この業界、16年目にして実はこの体験は初めて。

塾関係者は慣れたもんでしょうがねえ。

これが情報の紋切り発信じゃなくてライブ感のあるブログのいいところなんだと

思いますけど、少し心配でもあります。

一周しちゃったら、新鮮にこうは思わないんでしょうかね。

まあ、ディープインサイドも当面は頑張って中立の立場を

堅持するように粉骨砕身いたします。

北城の忠告を無視して受験ブログを読み続ける小6受験生の保護者の皆さまに

おかれましては、一部のついていってはいけない系ブログに惑わされて

このだいじな時期にまさか、遠回りしないよう、切にお祈り申し上げます。

しっかし、これPV頼りの事業だったら、こんな話、口が裂けてもできないって

話なのかな。

変わり者だな、自分は(笑)







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
まもなく埼玉入試がスタート! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する