FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【2科4科入試】やはり王道は国算で勝負
2科4科選択式の入試。いきなり核心から入ってしまいました。

オーソドックスに進めると、

国算で合否判定をし、その後に国算理社で合否判定をする学校が多いため、

4科受験生のほうが有利
というのが一般論です。

すでに前回書いてしまっていますが、国語か算数のいずれかが苦手なため非常に心配という

ケースや、理社のどちらかが得点源なので、そこを活かしたいというケースは4科受験が

必須でしょう。

ただし、望むのは2科で判定されようが、4科で判定されようが、受かるものは受かるという

強気の姿勢です。ですから、4科で受けられるのなら当然4科で受験し、国算で合格ラインを越えてしまえ、

というのが基本戦術でしょう。

理社の対策が万全ではないが、4科受験がベターだろうという考え方には賛成できません。

難関校は当初から4科入試を実施していましたが、一部の中堅校は優秀な受験生に併願してほしい

ことを主な理由に2科入試からいきなり4科入試に変更せず、2科4科という形態へ

進んだケースが多いようです。
実質的に難関校になったあとも、2科4科入試を残している学校もあります。

なんらかの理由で4科の対策が完成しなかったけれども、

十分に2科で合格する力のある受験生のために門戸を広げている、と解説する学校もあります。

いずれにせよ、2科4科入試を行っている学校の受験生の内訳と、倍率の差をしっかり

調べてから受験すべきでしょう。

実質倍率の差が2倍以内であれば、2科でも十分合格可能でしょうが、2科生の倍率が10倍で、

4科生が3倍を割ってくるような学校では、2科受験で押し通すには勇気がいると思われます。

本来なら、入試日程と同時に前年の倍率や過去問もしっかり調べたのちに、確信を持って

4科(2科)受験に踏み切るのが王道だと思います。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
保護者にとってもこの季節は正念場! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 22:30:38 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する