FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【都立中高一貫08年開設組】立川国際、武蔵の進路実績推移について
きょうは都立武蔵と立川国際中等の進路実績推移の解説です。

前者は併設型中高一貫、後者は中等教育学校という形態です。

いずれにしろ、まだ卒業生を2回しか出していないので、今後の展望をはっきり語ることはできませんが、

すでに5校の都内の公立中高一貫が2年目実績を経て3、4、(5)年目の数字を出していますので、

その前例からある程度類推することができます。

都立武蔵推移
都立武蔵グラフ

まず都立武蔵ですが、中高一貫生のみの数字は非公表であるものの、

高入生のみであった2009-2013の5年間の数字と、ここ2年の数字の違いは

国公立大実績の伸びと、現役進学率の伸びです。

つまり一貫生の実績が加わることで、明らかに難関大で上昇しており、

この2年の数字だけで言うなら、九段を含む7校中、2番めの数字です。

併設型の学校は高校受験生に敬遠される傾向にありますから、

その不安点を払しょくしさえすれば、併設型の特徴を活かし、

今後も手堅い実績をあげつづけていくように思われます。

立川国際推移
立川国際グラフ


いっぽう立川国際ですが、母体校の北多摩とは雲泥の実績を2年間で叩き出して

いますが、数字的にはまだ不安定に感じられます。

12/19更新の集計データは都立も一律7年間推移で、母体校の実績も含まれ

ており不利は否めませんが、浪人生が加わってお約束で伸びるはずの2期生の

国公立大実績ダウンが少し気がかりと言えるでしょう。

また、校名に国際とあるように、単なる進学校でなく他の都立一貫と差別化を

はかる意味でも2022年から小学校を併設し、小中高一貫となることが報道されており、

必ずしも、既存の7校の序列にこだわらない方向へ進むとも考えられます。

なお、一貫生未卒(16年3月に1期生卒業)の大泉、富士、三鷹、南多摩の4校については、

母体校の実績にどれだけ上乗せできるか、ということになります。

この話題は年明けにまた比較対象をあげて論じてみたいと思います。







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
保護者にとってもこの季節は正念場! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する