FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一貫じゃない都立高の進路実績レベルはどの程度?
一昨日の記事に続けて
中学受験生(都立一貫を志望しない場合も)が知っておきたい都立トップ校(進学指導重点校7校)

序列について分析してみました。

日比谷、西などの非一貫の都立トップ校と、私立の中高一貫の上位校を正面切って

比較する機会はあまりないものと思います。

だって、受験する層が違いますから。

でも冷静に考えると、小6で公立一貫を目指し、狭き門に阻まれて、再度中3で

公立トップ校に挑む構図はありがちなので
、早いうちにちゃんと

知っておくべきだとも思います。

こういう都立同士の比較をする機会は、実は自分も今までもあまりありませんでした。

集計していて「やっぱりそうなんだ!」と思いました。

都立トップ校の進学実績にはまず危機感が感じられません。

このままで十分高い、という雰囲気がひしひしと感じられます。

だって、自らが掲げた数値目標をクリアしていれば、上からとやかく言われることはないわけです。

もちろん、それなりに高い目標ですが、達成できない目標を掲げて、重点校の指定を

はずされる愚行はしませんよね。

多くの難関私立中高が進路実績を右肩上がりに伸ばしている一方で

都立の非一貫上位校は、安定と呼べるのかもしれませんが、伸びの要素は

強くは感じられません。こんな感じです。私立上位との比較もしてみました。

伸び状況比較

(私立も20校平均すると都立7校の平均値を下回りますが、私立でも飽和状態の学校もあるためです)

その印象を強くしているのは現役進学率にも原因があります。

例えば西は、7年間平均で50%を割り、一部の男子校の現役進学率のような数字で、

当然、男女に差がありますから、男子はさらに低いということです。

ちなみに私立共学校(TOP100クラス)でもっとも数字が低いのは、

千葉県の東邦大附属東邦で、62.7%ですから、それよりもかなり低いことがわかるでしょう。

(男子で比較して麻布レベル?)

私立を志望する中学受験生は学校選びでは、偏差値もそうですが、

「自宅からの通学時間」を考慮すると思います。

都立高校では通学時間以上に昔からの「序列」が存在しているようです。

それは都立なりの「伝統」であるともいえるでしょう。

それは「23区」と「都下」というような区別意識も含むように思います。

たとえば入試の難易度では日比谷、西=国立、戸山、八王子東、青山=立川(Vもぎの最新偏差値による)

となりますが、進路実績では、西、日比谷、国立、八王子東、戸山、立川、青山、立川となっています。

(↑本ブログの私立TOP100と算出方法を統一した結果)

重点校と上位私立東京

特に新宿区にある戸山はいわゆる「古豪」(伝統校)という雰囲気を漂わせています。

編集部に対するアンケートの回答状況からプライドの高さも感じます。

相対的には「偏差値>実績」という状況を把握していないのかもしれません。

つまりは、志高く、難関大を目指すのに浪人もいとわない、という旧来の「伝統」の色合いが

強く出ているのが、これら進学指導重点校の7校だともいえるわけです。(ただし、青山、立川はその傾向は薄い)

ですから小石川中等が15年春に記録した70%後半の現役進学率は、この都立の非一貫6校(進学指導重点校)

の安定に刺激を与える存在になる可能性を持っているのです。

(ただし、もっと難関国立を伸ばせるとプッシュすれば、桜修館の二の舞に…)

こういった都立高間の駆け引き、せめぎあいは都教委が改革の一環として意図するところでも

あるでしょう。

さて、データは少ないわけですが、次回のこのカテは

2008年以降開校の武蔵、立川国際…そしてまだ一貫生が卒業していない、

大泉、富士、三鷹、南多摩の4校についても展望しようと思います。

年内にはなんとかアップしておきたいと思っています。









にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
保護者にとってもこの季節は正念場! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する