FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「1×2」「2×1」も危険。場合によっては「2×2」でもかなり…
続けて。「1回しかチャンスはないよ」校に準じるのは「チャンスは2回だけ」校。

これもけっこう有名校が多い。

入試2回東京
入試2回神奈川以降

前日の記事同様、偏差値は昨年のデータで共学校は男子のもの、かつ1回目の入試のもの、日程も同様

入試日程が1回ないし2回であれば、総受験者数はそこまで突出しているケースは少ないですが、

チャンスが少なければ少数精鋭の傾向は3回以上チャンスがある学校に比べて強いでしょう。

そして、初心者でもわかるのが、2回目の入試のほうが、志望順位の低い受験生が集中するので、

逆に難しくなるんですね、この「チャンス2回」校。

だから、「チャンス2回」校は高い志望順位で1回目の入試で突破するのが戦術。

偏差値表を一見すればわかりますね。

ということで、併願作戦の地雷校はこの「1回きり」校と「2回だけ」校の組み合わせにおいて多く発生する。

もちろん「2回だけ」校どうしの組み合わせでも高いリスクが発生する。

簡単にいうと、併願作戦上は「押さえ」の学校を「3回以上」入試を行う学校のなかから選べるかどうかがカギ。

まあ、入試3回でもいずれも難易度の高い学校もあるわけですが、論理的に考えると

そうなる。

東京・神奈川の入試解禁日は2月1日。2月2日以降に最初の入試日を持ってきている学校は当然のように1日校第一志望の

受験生の併願の受け皿としても機能しますから、混雑するのは道理です。

結局は2日以降にしか入試をしない学校を第一志望にすると、それだけでハンデを背負うことになるんですね。

もちろん、それを理解したうえで突破する受験生も多いわけですが。

というわけで

●1日に1回しか入試をしない香蘭女学校を第二志望に置く。

●1日校の併願生が集中する早稲田の2回目(2月3日)を押さえに考える。

はこれまで見てきた中でも高リスクの併願だと言えるのです。

そういう組み合わせはまだまだたくさんあるでしょうね。

考え出せばきりなないので、ここでは基本的な構造だけ。

<リスト掲載校>海城,学習院女子,光塩女子学院,芝,頌栄女子学院,城北,女子美術大学付属,巣鴨,成蹊,成城学園,東海大学付属高輪台,桐朋女子,東洋英和女学院,日本大学第二,日本大学第三,明治大学付属中野,明治大学付属中野八王子,明治大学付属明治,立教池袋,早稲田,鎌倉女学院,サレジオ学院,聖光学院,清泉女学院,中央大学附属横浜,東海大学付属相模,日本女子大学附属,日大藤沢,法政大学第二,横浜共立学園,市川,渋谷教育学園幕張,東邦大学付属東邦,成田高等学校付属,浦和明の星女子,立教新座








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
保護者にとってもこの季節は正念場! 気持ちはホットに、でも頭脳は冷静に!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

志望校決定、受験校決定の段取り | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する