FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【都立中高一貫・併設型】都立両国高校の進路実績推移について
都立中高一貫校の学校別の進路実績推移の第二弾は両国高校。

両国難関大推移
両国現役率推移
両国グラフ

同じ併設型でも白鴎の動きとはかなり違いますね。

ひと言で言って「着実」。

中高一貫一期生卒業前後のブレもほとんどなく、高入生への好影響、悪影響、どちらもも見られないようです。

中高一貫生のみのデータは積極的に公開していないようですが、

それには理由があって、この学校は高校1年から、一貫生を高入生と混合するんですね。

そこで「高入生では一貫生に太刀打ちできない」というデータは非常に不利益。

ちなみに併設型一貫校、都立では「高1で合流」型は両国富士。「高2で合流」型は白鴎武蔵です。

残念なことに2013年実績で過年度生の(一貫/高入)別のデータが回答されていないので、グラフが分断状態ですが、

一貫生データを見ると、影響がないので、過年度生を加えたら「かなり伸びていた」ことになりますね。

一貫生卒業後も高入生の実績がさほど落ちているとは言えないので、白鴎とは違って、

たとえ2クラス募集という狭き門でも「両国高校に入りたい」という中学生が多いのだと思います。

彼らが「小6のときも受検してみたんだけどダメだったんだよね」というリベンジ組なのかどうかは不明ですが、

やはり伝統校の強みを感じる推移ですね。

あとは常に現役進学率ではわずかに一貫生が上回っている事実に注目しておきたいところです。

次回は小石川中等教育学校です。







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「保護者としてもなんとかわが子の努力に応えたい」という方、ぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する