FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【中学受験失敗への道】(2)うちはほかのご家庭とは違いますので参考になりません!…???
こんなことを考えました。

中学受験の親ブログ、たくさんあるなあ。

みんな苦労しているんだあ。

なかなか成果が見えてこなくて、ストレスたまるだろうなあ

日々の生活も「わが子の受験」以外の要素もいろいろあるしなあ。

普通はそこで思考は終了します。

なんですが、その先をふと考えてしまったんですね。

過去に…毎年で数えても1都3県に限定したって、万単位の受験生と保護者がいるのに、

常に「初めての経験なのでどうしたらいいかわからない」人がこんなに多いのは

異常なことです。「こんなに多く」見えるだけなんですかね?

それとも

うちのノウハウは特殊だからほかのご家庭にはあてはまらない

とか

こんな価値あるノウハウを他人にはタダで教えられるか

とかいうことなんですかね?

どっちも違うんだと思います。

こうして本ブログも今のところは?無料でやってますが、

あんまり役に立っていないみたいですよね?

な感じがすごくしていますよ。

なぜでしょうか?

すでにここに書いたエピソードのような気がしますが、

・どこの出版社の受験案内を持っていたかは忘れた

・当時はかなり苦労したと思うのだが、いまそれを思い出せと言われても無理

こんな話もよく耳にしました。

そこまで、忘れっぽいのでしょうか?

いや、それが万事につながると思ってなくて、わが子が中学に合格したら

完結した、と思ってリセットされてしまったのではないでしょうか?


受験の失敗はひきずりますが、受験の成功はひきずらないものなのでしょうか?

そこに親子共々、謎を解くカギがありそうです。

当初、

問題は保護者の「覚悟」

というカテゴリを作りましたが、

中学受験が終わると、もうそれは考えなくてもよいのでしょうか?

過去に毎年何万人もの中学受験の経験者が世に「輩出」されているのに、

そのノウハウはなぜ継承されていかないのでしょう?

ま、誰もそこに疑問は持たないのだと思いますが。







にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「保護者としてもなんとかわが子の努力に応えたい」という方、ぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学受験失敗への道 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する