FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【アンケート回答エピソード・まとめ】正直に答えると、学校にとって不利になる!…???
ひとえに研究心、探究心。

生徒にはそう言うのに?

アンケート回答エピソードをいったんまとめます。

どの業界でも「ライバルはどうやって切り抜けているんだろう」という研究心が

必要なんじゃないかと思ってます。ひ

とりよがりのサービスしかできない

旅館・ホテルは自分が旅行者になったことがないんだろうし、

サービスの行き届かない飲食店は、一流店で食事を楽しんだことのあるスタッフが

いないのでしょう。学校でそれを当てはめていくと、OB・OGが母校に奉職し、

ただただ純化の道をたどって、裸の王様に進化していく傾向と、

厳しい労働条件と成果主義で均質的な教育サービスしか提供できなくなっているような

二極化の傾向を感じます。

アンケート回答ひとつにとっても、流儀がはっきりしている学校もあり、

すべての項目を回答するわけではないが、回答する項目はきっちり書いてくる。

場合によってはアンケートのテーマを咀嚼して、相手側が知りたい項目を自分たちの言葉や形式で

答えてくる、そんな学校もあります。それ、第三者にはどう見えるでしょうか。

簡単に言えば、スタッフの出来不出来なのでしょうが、もしこれが個人知に依存しているのではなく、組

織としての力量なら、その学校は手放しで賞賛してもいいのだと思います。

なかなかそこまでの存在には出会いませんが、百歩譲って、依頼者の意図がわかる回答をしている時点でかなり優秀で、

それがちっともくみ取れない学校が激増しているようにも思います。

そこれ浮かんだフレーズが

「学校は比較されたくない」

なぜなら、特定の基準において優劣がつくからです。優劣なんかつけられたくない。

まるで少し前の「ゆとり教育」のようです。

アンケート回答に関する学校エピソードはいったんこれぐらいにして、

「項目が細かい」をいいことに正確に答えられなくなっていく、このあとは学校側の体質に踏み込んでいきたいと思います。

アンケートに記入する、のは確かに煩雑ですが、質問に答えられない状態、いや質問者の意図が理解できない状態は、

生徒たちの学力低下と相通じるものがある、とさえ思えてくるからです。

強い言葉で言うなら、そんな(スタッフが多い)学校がちゃんと生徒にコミュニケーションを教えられるわけがない、と。

残念ながら、ここでも「やっぱりさすがだ」と思える学校はごく一部のようです。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「保護者としてもなんとかわが子の努力に応えたい」という方、ぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する