FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校選びって消去法、かもしれない?→PART2
学校説明会に行くと「雑誌の掲載記事」が配布されることがごくたまにあります。

本校はこのように雑誌に取り上げられました、てなもんです。

そのたびに「こういうアピールのしかたしかないのかな?」と思うのです。

下手をするとその雑誌(新聞)の編集部と打ち合わせた「広告」かもしれません。

読み手に先入観を持たせようという意図がひしひしと感じられます。

ある程度の数字のある学校の場合、進路データを切り口次第で他校より

優れているように見せることはさほど難しいことではないように思います。

(広告企画でそう依頼されたことはありませんが)

こんなことがありました。学校名は東京電機大学(中高)です。もう10年近く前になりますか。

広告企画に絡んだ取材をしたときに、東京電機大学(中高)の中高一貫生のみの進路実績

相当に優秀だったので、その部分を強調してグラフにして誌面に反映させました。

ところが担当の先生から「このソースは何か?ほんとうにそうなのか?」と言われたのです。

もちろんネタ元は学校自体が毎年回答してくれている進路実績のアンケートです。

(それを分析・集計したものです)

これにはショックでしたねえ。単にこの記事では「右肩上がりの実績」がポイントだったので、

この年、ジャストなタイミングできれいな推移グラフができたものですから、

「これで行こう」と思ったのですが、学校側から疑問を呈されてしまいました。

裏を返せば、中高一貫生がこんなに実績を出しているのに、合計値がいまいちすっきりしない、

という場合は、高入生の実績がよくない、ということですから、学校としては

「あまり一貫生の好成績を強調しないでほしい」となるようです。

この当時の否定的なニュアンスの真意はわかりません。

ただ当時は少なくても「自校の実績の真偽が判定できない?」と思ったものです。

似たようなコメントを東京農大第一でもいただいたことがあります。

中高一貫生の実績が非常に高いレベルにあることを強調しませんか?

と広告企画を持ちかけたところ、高校入学生を

伸ばしていない印象を与えるのは好ましくない
、とのことでした。

つまりせっかく中高一貫で進学実績が良くても、高校募集もしている学校では

痛し痒しのこともあるようです。こちらは中学受験情報誌として保護者に

正確な情報を届けようとするだけなのですが、

大人の事情でそこは表現できない、というわけです。

まあ、このときは予算もなく企画を断る口実だったのかもしれません。

ブログの他のカテゴリーともかぶる話ですが、そういった分析を誘発しないように、

一貫生・高入生を区別した進路実績アンケートは回答しない方針の学校もあるのです。









にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

地雷を踏まない学校選び | 10:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する