FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【アンケート回答】自分の都合と相手の都合のすり合わせ、そして交渉力・コミュニケーション力
こうして面白おかしい?エピソードが続くわけですが、これをどう受け止めるかが大事です。

編集部もたいへん面倒なアンケートをこちらの都合でお願いしているのは事実ですから、

設定した締め切り通りに返信がないのはある程度しかたのないことだと思っています。

ただし、ちゃんとやる学校はちゃんとやる。ちゃんとやらない学校は毎年やらない。

それが立場を変えると如実にわかってしまう、という現実をその先生が理解しているかです。

困ったエピソードが皆無であるばかりか、締め切りから遅れる理由をちゃんと連絡してくる学校すらあります。

単純に几帳面というのではなく、依頼された仕事はきちんと仕上げるというポリシーが伝わってくる学校ということです。

そんな先生がひとりいるだけで学校の印象は大きく変わります。

これが出版社からのアンケート依頼でなく「学校説明会での保護者からの質問」だったらどうなのでしょう。

「そういうことはきっちりやりますけどね」

ほんとうにそうでしょうか。アンケート回答は油断するが、

説明会で受ける質問は完璧
と言い切る裏側も相当怪しいように思いますけど。

ですから、このアンケート回答エピソードを

「某学校にはこんなダメな先生がいる」

ねえねえ、それはどこの学校?教えてよ。知りたい知りたいっ!

そこがポイントじゃないですから。

細かな情報から、いかに全体をイメージするか、ということなんです。

「プロの仕事」を学校がどうとらえているか。

「先生」のプロだから、「教えること、授業はプロ」とでも答えるのでしょうか?

学校は授業だけで成り立っているのではありませんよ。

ということで、何百回のやりとりの中から、それなりにスキルのあるはずの立場の先生が対外的に

対応するアンケートにこれだけの隙を見せる学校は氷山の一角ということです。

そうでなければ、煩雑な仕事を分掌せず、一部のスタッフに押し付けている。

そんな組織
だということが言えるでしょう。

とにかく立場を入れ替えてみると、外からこうしてごちゃごちゃ言われることは

気持ちのいいものではありません。だからこそ、100%は無理にしても、

可能な限り頑張っているように装う。「装う」でいいと思いますよ。

その「装う」ことの重要性すら感じていないのは重症だということになります。

エピソードを続けますね。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「保護者としてもなんとかわが子の努力に応えたい」という方、ぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する