FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「中高一貫」についての基礎知識→PART2
(ようやく2周めにはいりました。カテx9は多過ぎ、かあ)

それでは、このエントリーでは学校ごとの生徒構成比の具体例を示してみます。

タイプは実に8つもあるんですね。

画像を参照してください。

募集チャート



チェックポイントは

1.高校入試があるか
2.系列小からの進学者がいるか
3.系列大があるか、進学者の割合は?


この3つです。

高校入試がある学校は、高校募集の比率が問題です。本カテのPART-1でも書いたように

高校募集がメインで、中学「も」あるというタイプの学校は、高校進学時に混合クラスになれば

中学入学生は埋没してしまいます。それでは何のために中学受験をしたのかわかりません。

そうでなくても中学入学生を別クラスにして高校生活を送る学校だと、特進クラス並に

「成績上位生クラス」を期待されることにもなりかねません。それはそれでアンバランスになる

リスクがあります。

ただ、開成、本郷、城北などのような男子校では中学入学生の比率のほうが高いので、

高校進学時に中だるみ気味の中学入学生に外部生が刺激を与えて、切磋琢磨するという効果が

見込めます。そうは言っても海城のように高校募集を停止して完全中高一貫にした途端に、

進路実績がまた一段と伸びた、というような現象も起こりますから、上位校ほど高校募集で

プラス効果を期待するのは難しいようです。

特に女子校では学習の進度以外に女子特有の人間関係の問題もあり、高校募集ありの進学校は

非常に数が少なくなっています。


ですから、特に東京都および神奈川県在住の場合は、仮に中学受験と言う選択をせずに、

高校で受験するとした場合に、共学の公立高以外の私立の併願校を探す作業は上位生になれば

なるほど困難です。中学受験のときに偏差値40で合格できた学校が、高校受験では

偏差値60近いというケースもあるからです
。(もちろん偏差値の母集団が違うせいですが、数字の

インパクトは大きいと思います。)

2つめの「系列小からの進学者」についてはどうでしょうか。さまざまなケースがありますが、

主流は大学の附属で小中高大と生徒募集をする青山学院のようなタイプがわかりやすいかもしれません。

青山学院高等部で見てみますと、系列小、系列中出身者がそれぞれ全体のほぼ3分の1ずつで、

残りが高校入学者というバランスになっています。上に大学がない

雙葉、横浜雙葉のようなケースもありますね。系列の大学もなく、高校募集もしないタイプです。

意外と同じ法人の中に小学校があっても大多数が他の私立中を受験するとか、接続がスムーズじゃない

場合もありますから、多種多様です。

以前、中学入学時の偏差値と進路実績を比較して、「お買い得な学校」を調査しようとしたことが

ありました。このときわずかな差でしたが、中学入学の偏差値が高い割に、進路がいま一歩という

判定になった学校の中に、系列小を持つ学校が多くありました。つまり、中学入試のために受験勉強を

してきた層と、その6年前に小学受験を経てきた層では、どうしても学力にバラツキが出てしまうのです。

入試問題がまったく違うわけですからそれはしかたのないことです。

最後に3つめの「系列大への進学者の割合」について書きます。1都3県の中高併設校ではなんと

その半分が系列の大学を持っています。しかしながら、その系列大学へ進学する割合が卒業生の1割以下

という学校は23%に上ります。つまり系列大のある学校の半分が進学比率1割以下ということになります。

ですから校名に○○大学とついていても、進学内容はピンキリということです。早慶の附属のように98%

を超えるケースから、まったく進学希望者がいないケースまであります。

この3つのポイントを押さえるだけで、イッキに私立の中高併設校の個性が分類、理解できるようになるのです。

私立の個性はいろいろ。ですから「中高一貫」へのこだわりにも差があって当然でしょう。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

「中高一貫」を理解する | 10:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する