FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【定期更新外】人間はいったい誰のために何をすべきなの?
このブログはいったい誰に対して発信しているのでしょう?

北城洋一は誰の味方ですか? 保護者ですか? 学校ですか? 塾ですか?

それともそれらすべての敵なのでしょうか?

難しいなあ、と思うんです。

とにかく16年間溜め込んださまざまなものを、「はい、今日で終わり」としてしまう

ことに未練たらたら、ということだけが本心だからです。

結局、誰の味方でもなく、もしかしたらすべて立場の方々の敵なのか?

と自問自答することもあります。

ま、得意な分野は集計分析ということ、

「中立な客観的な立場に立ちたい」という思いが強い、ということだけは

言えますけどね。

俯瞰する、という便利な言葉があります。

本当に俯瞰したいのなら、自分の力で天上界?に舞い上がって見下ろすしかないわけで

不可能なことです。

最近はドローンを飛ばして、俯瞰の視点を獲得するのが流行みたいですが、

よく飛行機に乗るので、晴れていると地上を見下ろすと高度によって、

地図で見たことがあるような地形もいろいろに見えます。

そして、地上にいると、その飛んでいる飛行機が見えることがあるんですね。

その視点の変換がとても面白いと思います。

あっち側からはこういう意見なのに、こっち側から逆の論理が見えるのか。

まったく受験知識、学校情報とは直結していないので

今回も【定期更新外】とタグをつけておきますが、

ここ半年でこんな視点を獲得して画像取得したので紹介してみます。

まあ、なんでも一生懸命やりすぎると周りは見えなくなるものです。

たまには、視点の変換をしてみるのもいいものだと思ってます。

伊丹へ着陸

abeno_harukas

あべのハルカス最上階から伊丹空港へ着陸態勢の飛行機(右上の白いちっこいの)と、
その飛行機から見たあべのハルカス(真ん中の黒いビル)。果たして何キロはなれているでしょうかっ。

maybe_hac

nesaki_ground

同じく函館空港着陸直前の飛行機と、その飛行機から見た地上(野球グラウンド)








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「保護者としてもなんとかわが子の努力に応えたい」という方、ぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 10:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する